(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

アメリカがザ・ビートルズに出会ったアルバム『Meet The Beatles』

Published on

これはビートルズ・マニアにはよく知られている話だが、それほどのマニアでない人には少しややこしく感じられるかもしれない。『Meet The Beatles』は、1964年1月20日にアメリカで発売された。これには、その2カ月前に出た英国盤アルバム『With The Beatles』の収録曲が大部分収められていた。

『With The Beatles』の残りの曲は、まもなく次の米国盤アルバム『The Beatles’ Second Album』に収録される。この『The Beatles’ Second Album』は、実はアメリカで出た3枚目のアルバムだった。なぜなら、最初の米国盤アルバム『Introducing… The Beatles』は既にインディー・レーベルのヴィージェイから出ていたからだ。一方そのヴィージェイから出た最初のアルバムは、2枚目のアルバムの1カ月あとにようやくチャート入りしている。さて、まだ話について来れているだろうか?

Meet The Beatles ad

要するに、『Meet The Beatles』は「ビートルズに会おう」という題名の通りの働きをしていた。つまり、このアルバムで初めてザ・ビートルズに触れたアメリカのファンがたくさんいたのである。イギリスのパーロフォン・レーベルに遅れて米国盤を発売することになった米キャピトル・レーベルは、その遅れを挽回するため、このアルバムを選りすぐりの内容にしていた。

英国盤アルバム『With The Beatles』には14曲が収録されており、その多くはジョン・レノンポール・マッカートニーの共作曲で占められていた。レノン&マッカートニーの作品は14曲中7曲。さらにジョージ・ハリスンの曲が初めて取り上げられている(「Don’t Bother Me」)。残りの6曲はカヴァーで、うち3曲はモータウンの楽曲だった(「Please Mister Postman」「‘You’ve Really Got A Hold On Me」「Money (That’s What I Want)」)。

Beatles display

一方、米国盤アルバム『Meet The Beatles』は全12曲。

冒頭の3曲(「I Want To Hold Your Hand(邦題:抱きしめたい)」「I Saw Her Standing There」「This Boy」)は『With The Beatles』には未収録の曲だった。残りの9曲は『With The Beatles』から選ばれており、このとき選ばれなかった3曲(「Postman」「Hold On Me」チャック・ベリーの「Roll Over Beethoven」)は3カ月後に『The Beatles’ Second Album』に収められ、ようやくアメリカでもレコード化されることになった。

『Meet The Beatles』は発売後わずか2週間で全米チャートの首位に到達。そこに11週間留まったあと『The Beatles’ Second Album』に席を譲った。レコードは矢継ぎ早に発売されたが、それでもビートルズの熱狂的なファンたちは満足せず、さらなる新作を待ち望んでいた。

Written by Paul Sexton



“ホワイト・アルバム”50周年記念盤フィジカル全4形態詳細

①スーパー・デラックス・エディション
<6CD + 1ブルーレイ(音源のみ)収録豪華本付ボックス・セット>

購入はこちら

②3CDデラックス・エディション
購入はこちら

③4LPデラックス・エディション
購入はこちら

④2LPエディション
購入はこちら


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss