ヤングブラッド初の全英1位獲得。1位のトロフィーを溶かして150本の安全ピンにして配ることを約束

Published on

Photo: Ian Gavan/Getty Images for MTV

英国人ロッカー、ヤングブラッド(YUNGBLUD)が最新アルバム『weird!』で自身初の全英アルバムチャート1位を獲得した。2018年に発売されたデビュー・アルバム『21st Century Liability』に続くこの新作アルバムは、新型コロナウイルス感染拡大を受け何度か発売延期となったあと、2020年12月4日に発売となった。

ヤングブラッドは、昨年発売したEP『The Underrated Youth』で自身初のトップテン入りとなる全英6位を記録していたが、今回はその記録を塗り替えた。

<関連記事>
【インタビュー】ヤングブラッドが語る最新アルバム『weird!』
【解説】全ての壁を破壊し続ける異色アーティスト、ヤングブラッドの魅力

このニュースを受けたヤングブラッドは、英国のチャート・カンパニーから受け取った1位獲得記念のトロフィーを溶かして150本の安全ピンにしたうえで、ファンに配布することを発表している。

「今は本当に言葉がない」とヤングブラッドはオフィシャル・チャート・カンパニーのビデオでこうコメントしている。「アルバムを手に入れてくれた一人一人に感謝の気持ちを伝えたい、この快挙は僕らのものだ」

「クリスマスの時期にロックアルバムが1位を取るなんて、本当にヤバい。ロックン・ロールやパンクのシーンに本当にお礼を言いたい。ヤングブラッドは俺じゃない、“俺達”だ、これは俺達の賞だ。俺達は変人(weird)だ!変人であり続けろ、変人であることを誇りに思え、人と違っていることを誇りに思え、みんな全員愛しているよ」

今年10月、ヤングブラッドは自身のSNSにて『weird!』の延期のニュースを伝え、2020年にアルバムを出すことの重要性についてこう語っていた。

「(今年中に)このアルバムを届ける必要があったんだ、なぜならみんながそれに値するからだよ。それに、今年は想像しうる限りで最も奇妙な1年だったね」

延期にもかかわらず「strawberry lipstick」「cotton candy」「god save me, but don’t drown me out」、そして最近ではマシンガン・ケリーとトラヴィス・バーカーをフィーチャーした「acting like that」を含む6枚のシングルのおかげで、アルバム発売までにファンは期待を膨らませることができたようだ。

Written By Sophie Smith



ヤングブラッド『weird!』
2020年12月4日発売
日本盤CD(ボートラ6曲) / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music




 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version