(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ザ・フーが英ウェンブリー・スタジアムでカイザー・チーフス、エディ・ヴェダーを迎えてコンサートを開催。コメントも掲載

Published on

ザ・フーがロンドンのアイコニックな会場、ウェンブリー・スタジアムで開催する大規模なコンサートの詳細を発表し、カイザー・チーフスとパール・ジャムのフロントマン、エディ・ヴェダーがサポート・アクトとして出演することも明かされた。

偉大なロック・レジェンドは、この週末バンドの公式Twitterに「Baba O’Riley」がバックに流れる、この重大発表を予告する謎めいた映像を公開していた。さらにその後、ウェンブリー・スタジアムの外観を映し出した動画もシェアされ、この映像の中では、彼らの名曲「My Generation」の歌詞の一部がスタジアムの電光掲示板の中に浮き上がり、その両サイドにはバンドの象徴であるターゲットマークも掲げられている。

そうしてバンドは、パール・ジャムのヴォーカル、エディ・ヴェダーとカイザー・チーフスをスペシャル・ゲストに迎え、7月6日(土)にウェンブリー・スタジアムでコンサートを開催することを発表した。

今春には全米ツアーを敢行することから、ファンの間では、この発表がバンドのロック・オペラ・アルバムを題材にし、60年代の英ブライトン・ビーチを舞台に、モッズとロッカーズとの激しい対立を描いた映画『さらば青春の光』の公開40周年にちなんだものだという憶測が飛び交っていた。

The Who – Baba O'Riley (Live)

 

ザ・フーのフロントマンであるロジャー・ダルトリーが、今年後半に2006年の『Endless Wire』以来となるニュー・アルバムのリリースを公表していた最中だった。

この新作にファンが何を期待できるかという質問に対して、ピート・タウンゼントはこう答えている。「暗いバラード、ヘヴィなロック、実験的なエレクトロニカ、サンプリングした楽曲、激しいギターから始まるザ・フーらしい曲もある」。

そこにロジャー・ダルトリーはこう加えた。「どれも素晴らしい曲ばかりなんだけど、時に、ピートが作ってくれたものをよりよいものにするために、シンガーとしての役割を果たせていないと感じることもあったんだ。それでも、少なくても5、6曲には僕の意見が反映されていて、かなりいい仕上がりになっていると思うよ。耳の病気も治ったし、これから本腰を入れてアルバムに取り掛かるつもりだ」。

既に発表されている通り、ザ・フーは2019年5月7日からミシガン州グランドラピッズ公演を皮切りに“Moving On!”全米ツアーをスタートさせる予定になっている。

Written by Tim Peacock



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss