(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

クラウス・フォアマンとジェネシス・パブリケイションズが ‘Revolver 50: The Collage Series’を発表

Published on

ザ・ビートルズの影響力の強いアルバム『Revolver』でグラミー賞最優秀アルバム・カヴァーを受賞してから50年後、アーティスト、クラウス・フォアマンはコラージュの芸術領域へと回帰した。彼は、250の作品を作り、それらは、『Revolver』のカヴァーと同じようにすぐに認識することができるものである。

クラウス・フォアマンはイギリスの出版社ジェネシス・パブリケイションズと共に、『REVOLVER 50: The Collage Series』をプロデュースする。250のコラージュはぞれぞれにクラウス・フォアマン自身の手によって制作された要素が施されている。それらは、ペンや、鉛筆、はさみ、インクつぼや彼が『Revolver』の制作に用い交換した他のアーティストの道具などが、ザ・ビートルズの写真に並んで遊び心満載に配置されている。

すべての個々の作品は、歴史的な『Revolver』の制作を象徴しているペンや、インク画をフィーチャーしている。加えて、手書きや水彩を施され、クラウス・フォアマンのサインがはいったコラージュの数々はコットン・ラグ・ペーパーにジーグレー印刷されている。

「僕はグラフィック・デザイナーだ、すべてはメッセージを理解させる必要がある」と『Revolver』 のオリジナル・カヴァーをデザインしたアーティストは語る。「それが、僕が使おうとしていること、そして僕がコラージュをピックアップした理由だ」。

クラウス・フォアマンが初めてザ・ビートルズを聴いたのは60年代初期、彼がハンブルグのカイザーケラー・クラブで演奏を見た時だ。彼は、バンドと友人となって、後にロンドンへ居を移した。ジョン・レノンとポール・マッカートニーが引っ越した後、メイフェアにあるザ・ビートルズ・アパートメントでジョージ・ハリスンとリンゴ・スターと暮らした。

1967年に『Revolver』のアートワークでグラミー賞最優秀カヴァー/グラフィック・アーツを受賞後、クラウス・フォアマンはザ・ビー・ジーズ、リンゴ・スター、ソニー・ロリンズといったアーティストのスリーヴ・デザインを手がけた。同時に、マンフレッド・マン、ジョン・レノンとヨーコ・オノのプラスティック・オノ・バンドといったアーティストの演奏に参加、また、ルー・リードやランディ・ニューマン、カーリー・サイモンのレコーディングにも参加した。


ジーニアス・パブリケイションの『REVOLVER 50: The Collage Series』に関する情報はこちら(海外サイト)

ザ・ビートルズのアーティスト・ページはこちら

ザ・ビートルズの『Revolver』の購入はこちら

THE BEATLES STORE JAPANはこちら

 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss