(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

U2がゴスペル隊に参加?新曲「The Little Things That Give You Away」を披露

Published on

U2が『The Joshua Tree』の30周年を祝って行われているヨシュア・トゥリー・ツアーのプロモーションのために、ジミー・キンメル・ライヴにゲスト出演した。

時期が時期だったので、ボノは月曜日におきたアリアナ・グランデのマンチェスター公演の際の自爆テロに関してもコメントしている。

「彼らは音楽を憎み、女性を憎み、小さな少女達をも憎んでいる。彼らは僕らが愛しているものすべてを憎んでいるんだ。マンチェスターで昨晩起きたことは、人間の最悪な面だった」とボノは犯人たちについて言った。「だけど、素晴らしいのはマンチェスターの人たちは不屈の精神を持っているということだよ。それは保証する」。

インタビューの中では、伝説的な写真家アントン・コービンによって、モハーヴェ砂漠で撮影された有名なアルバム・カヴァーに関しても冗談めかして語った。

「僕らは笑ってたんだ、そして僕らが笑っている限り、彼は写真が撮れなかった」とシンガーは語った。「で、僕は、‘なんで陽気な感じじゃだめなの?’って言ったら、彼は言ったんだ、‘僕は音楽を撮ってるんだよー君たちじゃなくね、この間抜け”ってね」。

インタビューに続き、U2はサプライズで2曲を披露した。スペシャルな演出の「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」 とツアーで演奏され、新作『Songs of Experience』に収録されるであろう新曲「The Little Things That Give You Away」だ。

The Little Things That Give You Away (Jimmy Kimmel Performance)

ボノは彼らの1987年のヒット「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」のパフォーマンス前に、「みんなのためにたゆまぬ精神でゴスペル・ソングを歌いたい」と言った。そして『The Joshua Tree』に収録されたこのヒット曲の演奏の途中で、観客に「みんなを教会に連れて行くよ」というと、観客の中に紛れていたゴスペル・コーラス隊が現れたのだ。

デモや、スタジオ・アウトテイク、Bサイド音源や1987年のマディソン・スクエア・ガーデンでのコンサートをフィーチャーした『The Joshua Tree』のリイシューは2017年6月2日リリース。



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss