ジョン・レノン『ジョンの魂』50周年盤のSpotify用映像にショーンが監督した短編アニメが使用

Published on

Photo: ©️ 2021 Yoko Ono Lennon

ショーン・オノ・レノンが、エミー賞の受賞経験やアカデミー賞にもノミネートされた人々とともに「I Am the Egbert」と題された短編アニメーションを制作した。これは、先日発売された『John Lennon/Plastic Ono Band(ジョンの魂)』の50周年盤をSpotifyのモバイルアプリで再生すると流れる「Spotify Canvas」という短い映像用のものだ(Spotifyへのリンクはこちら)。

<関連記事>
ジョン・レノンの初のソロ作『ジョンの魂』発売50周年記念盤発売決定
ジョン・レノン&ヨーコ・オノ「Give Peace A Chance」の新ビデオが公開

ショーン・レノンが脚本と監督を担当した『I Am the Egbert』と題されたループする短いシーンの連続は、エグバートという人物の物語を描いたものとなっており、ショーンは次のように語っている。

「父のような人物のために新しい映像を作ることはとても難しいんです。というのも父の映像や写真の多くは長年に使用されており、それぞれが人々に特定の感情や記憶を呼び起こすからです」

「アニメーションは、新しい観客と長年のファンの両方に向けて、新しい方法で音楽の文脈を再構築することができる素晴らしいメディアでした。私の父は漫画や絵を描くのが好きだったので、父のイラストや人生を参考にして、父に敬意を表したいと思ったんです」

ショーン・レノンは、過去に『I Met The Walrus』を制作したプロデューサーのジェリー・レビタン、イラストレーターのジェームス・ブレイスウェイト、アニメーション・ディレクターのジョシュ・ラスキンと緊密に協力してアニメーションを制作。オノ・ヨーコ・レノンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、レノンの代理としてサイモン・ヒルトンがプロデュースで参加している。

『I Met The Walrus』とは、1969年に当時14歳だったジェリー・レヴィタンがジョン・レノンに行ったインタビューをもとに制作された短編アニメーションだ。ジョンとヨーコがトロントのキング・エドワード・ホテルに泊まっていると聞いたレヴィタン青年は、オープンリールのテープレコーダーとスーパー8カメラを持って彼らの部屋を探し出し、レノンを魅了して30分間のインタビューを行ったのだ。ジェリー・レヴィタンはこう振り返る。

「1969年5月26日、私はジョン・レノンとオノ・ヨーコと一緒に完璧な一日を過ごしたんです。1969年、ビートルズの時代に14歳であったことは魔法のようでした。私は自分のヒーローに会い、彼はとても親切に接してくれて私の夢を超えた存在でした。あの日が私の人生を永遠に変えたのです」

それから約40年後の2007年、レヴィタンは、平和、政治、音楽、アメリカ、人生、マリファナ、ビー・ジーズについてのレノンの考察を、監督のジョシュ・ラスキンとシュールレアリズムのイラストを制作したアニメーションチームの協力を得て『I Met The Walrus』を制作した。この映像についてショーン・オノはこう語る。

「『I Met The Walrus』がずっと好きで、何年も前から短編映画を作ったジェリー、ジェームス、ジョシュと一緒に仕事をしたいと思っていたんです。彼らが作ったものには、これまで私が見てきて父について作られたものを際立たせる何かがあります。それは、父のリラックスした雰囲気を再現し、アニメーションは父が好きだったスタイルに一致していました。まるで父がしたことをすべて食べて消化したかのように、ジョン・レノンの言葉を吸収していたんです」

 

各映像の解説

Mother
エグベルトは、残酷というよりも、自分の存在に無関心な世界に生まれてきた。

Hold On
エグベルトは花の胸の中で現実から逃避する。

I Found Out
エグベルトは、学校での他の少年たちとの交流から、さらなる疎外感を感じていた。

Working Class Hero
エグベルトの人生に関わる大人たちは、彼が自分ではない何かや誰かになることを望んでいるように見えます。

Isolation
エグベルトは酷い孤独を感じている。

Remember
寂しさがエグベルトを創造へと導く。

Love
創造性がエグベルトを少女との出会いへと導く。

Well Well Well
少女はエグベルトを男に導いていく。

Look At Me
小さなエグベルトJr.が生まれる。

God
エグベルト夫妻は一緒に年を重ねるうちに、必要なものはすべてお互いの中にあることに気づく。

My Mummy’s Dead
エグベルトは母のことを思い出す。自分が親になった今、彼女を厳しく批判したことを後悔している。

Give Peace A Chance
かつて敵対していた者同士が対立を解消し、ダンスや歌でひとつになる。

Cold Turkey
愛を手に入れたものの、エグベルトは幼少期の出来事に悩まされ、時に理不尽な行動をとってしまう。そのような行動から逃れようとして失敗する姿が見られる。

Instant Karma! (We All Shine On)
エグベルトも含めて、私たちは皆、知識と宇宙の創造者の目の中のまばたきに過ぎない。

Written By Will Schube / Stills © 2021 Yoko Ono Lennon



ジョン・レノン『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』50周年記念盤
2021年4月23日発売
スーパー・デラックス・エディション2CD1CD2LP




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version