(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

R.E.Mの新短編ドキュメンタリー映像が公開

Published on

ロック・アイコンR.E.M.の重要な8枚目のアルバム制作についての新短編ドキュメンタリー映像『Automatic For The People』が12月8日に公開された。

バンド・メンバーのマイケル・スタイプ、マイク・ミルズ、そしてピーター・バックが、『Automatic For The People』の鍵を握る重要な曲のひとつ、そして彼らの基準の中で最も永続的な曲のひとつである「Man On The Moon」のレコーディングについて話し合っている光景がその中に含まれている。

アルバムを完成させる最後の一曲として「Man On The Moon」は、ギタリストのピーター・バックがシアトルへ転居後に書かれた。R.E.M.は『Automatic For The People』最後のスタジオ・セッションのために同じ街から立ち去り、そしてマイケル・スタイプがドキュメンタリー映像の中で説明するように、レコーディングは最後の最後に決着が着いた。

「アルバムは完成した。曲も完成した。全て仕上がった。しかし歌詞がなかった。居残るには、正気とは思えないほど脆弱な場所だったから」と彼は言う。「ウォークマンをつけて、ぐるぐる歩き回り、歌詞が出来るまでシアトルのダウンタウンを時計回りにぐるぐる歩きまわったんだ。あれはそうやって完成したんだ。スタジオに入り、僕は歌った。次の日にはミックスして、すぐにレコード会社に送られた。それでおしまい。結果的に、僕の好きな曲のひとつになったんだ」

高く評価されたアルバム『Automatic For The People』のリリースから25年を記念して、新短編ドキュメンタリー『Automatic For The People』は、マイケル・スタイプ、マイク・ミルズ、ピーター・パックのインタビューはもちろん、プロデューサーのスコット・リトやストリング・アレンジャーであり、レッド・ツェッペリンのレジェンド、ジョン・ポール・ジョーンズがあかす、この不朽のアルバムの制作秘話が収録されている。

25分間にわたる映像は今週金曜日、12月8日の18時 (グリニッジ標準時間帯) / 13時 (東部標準時間) / 10時 (太平洋時間) に公開されている。

Written by Tim Peacock


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss