若いポール・マッカートニーが歌い踊る?最新技術を使った「Find My Way (feat. Beck)」のMVが公開

Published on

YouTube/Capitol Records

2020年12月に発売されたポール・マッカートニー(Paul McCartney)の最新アルバム『McCartney III』。このアルバムの楽曲を、錚々たる顔ぶれのミュージシャンたちが独自のスタイルで再構築したカヴァー&リミックス集『McCartney III Imagined』のCD発売日に合わせ「Find My Way (feat. Beck)」のミュージック・ビデオが公開となった。

このビデオは、超リアルなデジタル・アバターの制作を専門とするHyperreal Digital社との共同制作によるもので、同社のCEOであるRemington Scottは、今回のビデオについてこう語っている。

「世界で最も認知されている顔の一人をもってしても、タレントの年齢を下げてこのようなクリエイティブな環境で演技させる技術は成功したといえるでしょう」

アンドリュー・ドノホ(ジャネル・モネイ、ザ・ストロークス、カリード)が監督し、フィル・テヤグ(ブルーノ・マーズ、ジャバウォッキーズ)が振り付けを担当した「Find My Way (feat. Beck)」は、MTV Live、MTVU、MTVでプレミア公開され、ニューヨークのViacomCBSタイムズ・スクエアのビルボードでも、世界に向けて発表された。

<関連記事>
ポール・マッカートニー最新作を一流ミュージシャンたちが再構築したアルバムが絶賛
ポールが新作『McCartney III』や映画『The Beatles: Get Back』について語る

ポールが監修したこのアルバム『McCartney III Imagined』には、デイモン・アルバーン、アンダーソン・ドット・パック、ブラッド・オレンジ、フィービー・ブリッジャー、EOB、ドミニク・ファイク、ジョシュ・ホーム、クルアンビン、セント・ヴィンセント、マッシヴ・アタックの3D RDNといった多彩なオールスターが参加しており、それぞれがポールのアルバム『McCartney III』からお気に入りの楽曲をカバーしたり、それぞれのスタイルで再構築している。その結果、万華鏡のような再解釈がなされ、オリジナルである『McCartney III』の延長線上にあると同時に、ポールのディスコグラフィにおけるスリリングで冒険的な作品として独立したものとなっている。また、『McCartney III Imagined』のフィジカル・エディションには、ボーナストラックとして「Long Tailed Winter Bird (Idris Elba Remix)」が収録されている。

4月にデジタル配信で先行配信となった『McCartney III Imagined』は、ニューヨーク・タイムズ紙でこう評されていた。

「自然なメロディ、簡潔で意外性のある歌詞、巧みなコード進行、整然としたアレンジなど、ポール・マッカートニーの不朽の才能を当然のものと考えてはいけない。他のソングライターはそうではないのだから」

Written By Will Schube



ポール・マッカートニー『McCartney III Imagined』
デジタル:2021年4月16日発売
CD&LP:2021年7月23日発売
CD&LP / iTunes / Apple Music / Amazon Music





Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version