(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ドクター・ドレーがマーヴィン・ゲイ伝記映画を製作中、初の公認映画プロジェクトが始動に

Published on

ドクター・ドレーがマーヴィン・ゲイの音楽を現在制作中のマーヴィン・ゲイの伝記映画に使用する権利を手に入れたことを発表したとVariety誌が伝えた。

まだ映画は制作段階の初期にあるとのことだが、ラッパーでありプロデューサーでもあるドクター・ドレーはマーヴィン・ゲイの著作権を管理するSony/ATVミュージック・パブリッシングからその使用権を手にした。

この素晴らしきソウル・スターの人生とキャリアを、ハリウッドが映画化しようと試みたのは決して今回が初めてではない。2016年にはジェイミー・フォックスが、マーヴィン・ゲイの実の息子であるマーヴィン・ゲイ3世を制作総指揮に迎えたテレビ・シリーズをプロデュースすると発表したが、その後進展の話は出てきていない。これ以外にも、キャメロン・クロウ、スコット・ルディン、ジェシー・L・マーティン、ミュージシャンのレニー・クラヴィッツや『ザ・ソプラノス哀愁のマフィア』で知られるジェームス・ガンドルフィーニ等、数多くの俳優や監督がゲイの物語を映画化しようと試みてきた。

こうした数多くの映画化の話の中、今回のドクター・ドレーのプロジェクトが初めて家族や財団から公式に歓迎されたのである。

ドクター・ドレーは近年この作品以外にも、自身が所属していたヒップ・ホップ・グループであるN.W.Aの軌跡を辿った伝記映画 『ストレイト・アウタ・コンプトン』を牽引し、同じくN.W.Aのメンバーであったアイス・キューブを制作総指揮に迎え、アカデミー賞にノミネートされるほぼの大成功を収めた。

ドレーは伝説的プロデューサーであり、インタースコープ・レコードの共同設立、そしてビーツ・バイ・ドレーとビーツ・ミュージックを始めたジミー・アイオヴィンとの関係を綴った、HBOが制作した音楽ドキュメンタリー・テレビ・シリーズ『ザ・デファイアント・ワンズ』にも出演している(日本ではNETFLIXで配信中)。

モータウン時代のソウル・シンガーの中でも最も影響力の大きかったマーヴィン・ゲイの人生とキャリアは、1984年4月1日に実の父によって射殺されるという事件によって短く終わってしまう。悲劇的な死後、彼はリズム・アンド・ブルースの殿堂、ソングライターの殿堂、そしてロックの殿堂入りを果たしている。

Written By Laura Stavropoulos


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss