レディー・ガガ『Born This Way』10周年盤に収録、カイリー・ミノーグによる「Marry The Night」公開

Published on

レディー・ガガ(Lady Gaga)が2011年5月23日に発売して大ヒットを記録したセカンド・アルバム『Born This Way』。この発売10周年を記念して、6月25日にスペシャル・アルバム『Born This Way The Tenth Anniversary』が配信される(輸入盤CDは9月発売予定)。

このアルバムには、『Born This Way』のオリジナル楽曲14曲が新しいパッケージで収録されるほか、LGBTQIA+やその支持者によるアーティストたちが制作した“Born This Way Reimagined”が6曲収録される。先行公開されていたラッパーのビッグ・フリーディアによる「Judas」、カントリー・ミュージシャンのオービル・ペックによる「Born This Way (The Country Road Version)」に続いて、カイリー・ミノーグがカバーした「Marry The Night」の音源が6月11日に公開。カイリー・ミノーグは、ソーシャルメディアでこうシェアしている。

「サプライズ!私がカバーしたレディー・ガガの“Marry The Night”が公開されました! 『Born This Way』の10周年を一緒にお祝いしましょう。Time to dance!」

<関連記事>
レディー・ガガ『Born This Way』解説:「誰かに認めてもらう必要なんてない」
『Born This Way』発売10周年を記念し、5月23日が「Born This Wayの日」に制定

「Marry The Night」は、アルバム『Born This Way』からの5枚目のシングルで、ガガとフェルナンド・ガリベイが作詞・作曲・プロデュースを担当。リミックスでは、Biff StannardとDuck Blackwellをプロデューサーに起用し、ディスコ調サウンドを表現している。全米レコード協会(RIAA)からは100万枚のプラチナ認定を受け、全米シングルチャートでは29位、US Dance Club Songsチャートでは1位を獲得。2011年のNMEのインタビューで、ガガはこの曲の成り立ちについてこう説明している。

「この曲は、私がニューヨークに戻ることを歌っています。“ハリウッドは嫌いだから、ブルックリンに住んで音楽を作りたい”と言うのに勇気が必要だったことを書いたんです」

『Born This Way The Tenth Anniversary Edition』に収録されているカバーはすべて、カイリー・ミノーグ、オーヴィル・ペック、ビッグ・フリーディアなど、LGBTQIA+のアーティストや支持者によって録音されたものだ。さらに「Highway Unicorn (Road To Love)」「Yoü and I」「The Edge of Glory」の3つのカバーが控えている。

『Born This Way The Tenth Anniversary Edition』はデジタルで6月25日に発売。輸入盤でのCDは9月3日に発売が予定されている。

Written by Larisha Paul


レディー・ガガ『Born This Way The Tenth Anniversary Edition』
2021年6月25日デジタル発売
2021年9月3日CD発売(輸入盤)
CD



Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version