ブルーノートの新世代歌姫キャンディス・スプリングス、日本で初となるホール公演が決定

Published on


プリンスが生前「雪をも溶かすほどの暖かな歌声」と絶賛したブルーノート・レコードが送る新世代シンガー・ソングライター/ピアニスト、キャンディス・スプリングスの日本初のホール公演が東京、大阪の2都市にて決定した。

キャンディスは、今年4月には約2年ぶりの新曲を含む『Black Orchid EP』をデジタル配信でリリース。同EPのプロデュースを手掛けているのは、J・ディラの長年のパートナーとして知られ、コモン、エリカ・バドゥ、カニエ・ウェストなどを手がけてきたヒップホップ・プロデューサーであり、ポール・マッカートニーやダイアナ・クラールからも声のかかるベテラン・ドラマー、カリーム・リギンス。

現在、キャンディスはダリル・ホール&ジョン・オーツとトレインのヘッドライン北米ツアーのオープニング・アクトを務め8月11日のワシントン州シアトルまでツアー中。来日公演は、2016年秋、2017年春に続き、今回3日目となるが、今秋にニュー・アルバムのリリースも予定されているため、絶好のタイミングでの来日公演となりそうだ。


東京公演
日時;2018年11月27日(火)18:30 open/19:00 start
場所:東京国際フォーラム ホールC
料金:¥8,500([全席指定]/税込)
お問い合せ先:ウドー音楽事務所 03-3402-5999
主催:J-WAVE
後援:tvk

大阪公演
日時;2018年11月28日(水) 18:30 open/19:00 start
場所:サンケイホールブリーゼ
料金:¥8,500([全席指定]/税込)※入場時にドリンク代別途必要
お問い合せ先:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506
主催:FM COCOLO

公演詳細はこちら
https://udo.jp/concert/KandaceSprings



キャンディス・スプリングス『Black Orchid EP』

 


Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version