ブルーノートの新世代歌姫キャンディス・スプリングスが、『ブラック・オーキッドEP』を急遽発売。MVも公開に

Published on

プリンスが生前「雪をも溶かすほどの暖かな歌声」と絶賛したブルーノートの新世代シンガー・ソングライター/ピアニスト、キャンディス・スプリングスの『Black Orchid EP』の配信が4月20日から急遽配信となった。

今作『Black Orchid EP』は、2016年に発売されたデビュー・アルバム『Soul Eyes』以来約2年ぶりとなる新曲を3曲収録。

同EPのプロデュースを手掛けているのは、J・ディラの長年のパートナーとして知られ、コモンエリカ・バドゥカニエ・ウェストなどを手がけてきたヒップホップ・プロデューサーであり、ポール・マッカートニーダイアナ・クラールからも声のかかるベテラン・ドラマー、カリーム・リギンス。

オリジナル曲のタイトル・トラック「Black Orchid」は、ノラ・ジョーンズがブレイクするきっかけとなり、グラミー賞を受賞した「Don’t Know Why」の作家であるギタリストでソングライターのジェシー・ハリス作曲の新曲。ハリス自身もギターで参加している。

他の2曲はカヴァー・ソング。1曲はキラキラ輝くようなザ・スタイリスティックス「People Make the World Go Round」と、もう1曲は既にキャンディスがライヴでも披露しファンには馴染みのあるロバータ・フラックの大ヒット曲「The First Time Ever I Saw Your Face」。

またこのEP配信に合わせて「People Make the World Go Round」のMVも公開された。

 

更にキャンディスは、今夏に行われるダリル・ホール&ジョン・オーツとトレインの共同ヘッドライン北米ツアーのオープニング・アクトに決定。5月1日のカリフォルニア州サクラメントを皮切りにシカゴ、フィラデルフィア、トロント、ニューヨーク、ロサンゼルス、そしてキャンディスのホームタウンであるナッシュヴィル、さらに8月11日のワシントン州シアトルまで北米35都市を巡る予定だ。



キャンディス・スプリングス『Black Orchid EP』
2018年4月20日各種配信・ストリーミングサイトにて発売

   


Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version