ホールジー、最新アルバム『Manic』からの最もパーソナルな1曲「929」のリリック・ビデオを公開

Published on

2020年1月17日に待望のニューアルバム『Manic』をリリースしたばかりのホールジーが、今作からの最もパーソナルな1曲である「929」のリリック・ビデオを公開した。下記よりご覧いただける。

 

先日、ホールジーは新作『Manic』の発売記念して、ロサンゼルスでリリース・パーティを開催し、詰めかけたファンに対し、このアルバムがいかにパーソナルな内容になっているかを明かした。

「“Manic”を作っていた時、自分の中のまだ癒されていない傷の部分まで深く潜り込んでいったんだけど、“これ以上後には持ち越さない。今すぐにそのことを曲にしないと”って自分自身に言い聞かせたんです」とホールジーは、先週1月17日、キャピトル・レコード本社で行われた同パーティのステージで語った。「そんな作品をみんなが無条件に受け入れてくれたので、私にとって今までで最も有意義なアルバムになりました。私を受け入れてくれてありがとう」

同イベントで、『Manic』からの新曲を含む、数曲のパフォーマンスを披露したホールジーは、傑出したクロージング・トラック「929」について、「おそらく、これまで私が書いた中で一番ありのままの曲なので、 今夜みんなの前で披露できることを嬉しく思います」と語っていた。

イベント終了後には、自身のTwitterで、「今日は一緒にアルバムの発売をお祝いしてくれてありがとう。みんなに会えて本当にうれしかった」とファンへの感謝を述べている。

キャピトル・レコードから発売されたホールジーの3作目のスタジオ・アルバム『Manic』には、この他にも「Graveyard」「Clementine」「Finally // Beautiful Stranger」「Suga’s Interlude」「You Should Be Sad」、そして、2018年に全米シングル・チャートで1位を獲得した「Without Me」が収録。また、今作には、ドミニク・ファイク、アラニス・モリセット、BTSのSUGAら、多彩なゲスト陣が参加している他、ケイト・ウィンスレット、ジョン・メイヤー、アマンダ・サイフリッド、ミーガン・フォックスらのサンプリングがフィーチャーされている。

『Manic』には既に批評家たちからも惜しみない賞賛が寄せられている。「卓越したニューアルバム」として今作に4つ星レビューを与えたローリング・ストーン誌は、そのジャンルの多様性、そしてアルバムを「敵ばかりの世界の中で愛と優しさを切望する若さゆえの混乱を表現した、ホールジーの剥き出しの自伝的肖像画」として高く評価した。ガーディアン紙は、「感情を剥き出しにした彼女の大胆さは、R&B、カントリー、たわいないポップロック、ケイシー・マスグレイヴス的なアメリカーナなどにまたがりながらも、独特のプロダクションによって調和がとれている」と、ホールジーの叙情的な進化を絶賛した。

Written By Tim Peacock



3rdアルバム『Manic』
2020年1月17日発売
CD / iTunes / Apple Music

【来日公演決定】
2020年5月7日(木) OPEN 18:00/ START 19:00
会場:東京ガーデンシアター(5月に有明に新設される会場です)
来日公演公式サイト




 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version