(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

フー・ファイターズの分身グループ、The Dee Geesが初の作品発表。レコード・ストア・デイ限定商品

Published on

Photo Credit: Magdalena Wosinska

フー・ファイターズ(Foo Fighters)は、ディスコ調の分身グループであるザ・ディー・ジーズ(The Dee Gees)として初のリリースとなるアルバム『Hail Satin』を、レコード・ストア・デイ限定キャンペーンの一環として、2021年7月17日に発売することを発表した。

バンドのアイコン的存在であるスタジオ606でレコーディングされたこの限定盤のLP『Hail Satin』は、その大げさなディスコ・サウンドにマッチするように虹色のマイラー・スリーブに収められている。。

<関連記事>
ビー・ジーズの20曲:熱狂的フィーバーの歴史
“現実はアートを模倣する”『サタデー・ナイト・フィーバー』の意外な真相

Foo Fighters – Shadow Dancing (Rock-N-Relief)

『Hail Satin』は、レコードの片面にザ・ディー・ジーズをフィーチャー。フー・ファイターズのメンバー、デイヴ・グロール、クリス・シフレット、テイラー・ホーキンス、ネイト・メンデル、ラミ・ジャフェ、パット・スミアの6人によって録音されたA面では、ビー・ジーズとアンディ・ギブの名曲を5曲カバー。バンドはこれまで、Rock ‘n’ Roll ReliefのライブストリームやBBC Radio 2のJo Whiley’s Sofa Sessionsで、それぞれこの名曲を取り上げている。デイヴ・グロールは「You Should Be Dancing」をカバーしたことについて、次のように述べている。

「インストゥルメンタル・トラックのレコーディングを始めてから、”よし、じゃあ歌ってみよう”と思えたんです。やってみると、今までの人生の中で一番簡単に歌える曲だった。この25年間、ずっとこうやって歌っていればよかったんだなって」

『Hail Satin』のB面には、今年2月に発売されたフー・ファイターズの最新アルバム『Medicine at Midnight』から厳選した5曲のライブ音源が収録。『Hail Satin』は7月17日にレコード・ストア・デイの参加店舗にて取り扱われる。

Tracklist:
Side A : The DEE GEES *()はオリジナルアーティスト
You Should Be Dancing (Bee Gees)
Night Fever (Bee Gees)
Tragedy (Bee Gees)
Shadow Dancing (Andy Gibb)
More Than a Woman (Bee Gees)

Side B : LIVE at 606  *フー・ファイターズ『Medicine at Midnight』収録曲のライヴヴァージョン
Making A Fire
Shame Shame
Waiting on a War
No Son of Mine
Cloudspotter

Written By Larisha Paul




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss