(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

デヴィッド・ボウイのカクテル・バー“ジギーズ”がロンドンに開店

Published on

デヴィッド・ボウイのカクテル・バーがロンドンのウエスト・エンドにオープンする予定だ。”ジギーズ”という名のこのバーは、多くの人に愛された彼のペルソナ、”ジギー・スターダスト”に敬意を表して付けられたもので、9月20日にホテル・カフェ・ロイヤル内に開店する。このホテルはジギー・スターダストとは所縁の深い場所で、1973年7月3日にこのホテルでデヴィッド・ボウイがジギー・スターダストというペルソナを捨てるための伝説の儀式”最後の晩餐”を行った。

デヴィッド・ボウイがジギー・スターダストとしてハマースミス・アポロで行った最後のライヴ。その後のアフター・パーティとして開かれたこのイベントには、ルー・リードミック・ジャガーポール・マッカートニー、そしてバーブラ・ストライサンドといった多くの著名人たちが参加した。

ジギーズでは、ジギー・スターダストの1972年のアルバム『The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mar』や収録曲の歌詞にちなんだ沢山のカクテルがフィーチャーされている。

そのうちのひとつ、”Tigers on Vaseline”は「Hang On To Yourself」の歌詞から名付けられたカクテルで、ピニャ・コラーダが現代風にアレンジされたものだと記されている。一方で、”Darkness and Disgrace”はエスプレッソ・マティーニとラム・フリップをシェイクしたカクテルで、その名前は「Lady Stardust」の歌詞に由来する。

ジギーズの店内には”最後の晩餐”の夜に、有名音楽フォトグラファーのミック・ロックによって撮影された写真が飾られ、デヴィッド・ボウイ・ジュークボックスも置かれる予定になっている。

このホテルでバーを管理するファビオ・スピネッティは、「ホテル・カフェ・ロイヤルはいつの時代も素晴らしい考えを持った人々が素晴らしいアイデアについて話し合う場所です。デヴィッド・ボウイはカフェ・ロイヤルの歴史において、本当に重要な役割を持った人物で、あの”最後の晩餐”もこの場所で行われました。私たちにとって最も大切なお得意様のひとりだった彼に、敬意を表すにはとても相応しい機会だと思っています」。

ホテル・カフェ・ロイヤルは100年以上に渡り、セレブリティたちが足しげく通う場所として知られており、オスカー・ワイルド、ヴァージニア・ウルフ、ウィンストン・チャーチル、モハメド・アリ、ブリジット・バルドーらも常連客だった。

David Bowie – Ziggy Stardust (Live, 1973)

 

Written by Tim Peacock



ヴァリアス・アーティスト『Beside Bowie: The Mick Ronson Story The Soundtrack』
価格:2,500円(+税)品番:UICY-15742
日本盤のみ:解説・英文ライナー翻訳付/歌詞・対訳付、SHM-CD仕様

btn_store_link download_jtunes_link


カラーLP(日本ではUNIVERSAL MUSIC STORE限定販売)


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss