(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ビリー・アイリッシュ、新曲「my future」を7月30日にリリースすることを発表

Published on

Photo: Scott Dudelson/Getty Images

今年のグラミー賞にて史上2人目となる主要4部門を受賞したビリー・アイリッシュ(Billie Eislish)が、アメリカ時間7月30日に新曲「my future」をリリースすることを発表した(詳細の時間は未発表)。

この新曲は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌として今年2月に発表した「No Time To Die」以来となる新曲となる。「No Time To Die」以外で彼女が2019年3月に発売したデビューアルバム以外でリリースしたシングルは、11月に発表した「everything i wanted」だけだ。

<関連記事>
ビリー・アイリッシュ、ショート・フィルム「私の責任ではない」を公開
新人ビリー・アイリッシュが大成功をおさめた現代的な8つの理由

Billie Eilish – No Time To Die (Live From The BRIT Awards, London)

 

新型コロナウイルス蔓延のために映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が今年11月までに延期され、ジェシー・レイエズがオープニングアクトをつとめる自身のワールドツアーも延期となった後、ビリーは自粛期間のほとんどを彼女の父親と一緒にApple Musicのラジオ番組「me & dad with Billie Eilish」のホストとして過ごしている(配信はこちらから)。

番組では、ビリーと父の二人が、どのような音楽を聴いて育ったのか、宗教観やその他のトピック、そして彼女が年を重ねるにつれてどのように変化してきたのかなど、さまざまなトピックを取り上げている。

番組内ではブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンのようなミレニアムポップアーティストを称賛するとともに、ビリーはビートルズ、特に彼らのシングル「Something」への彼女の愛について語った。

「とてもよく練られた曲。歌詞はほとんど耳にしていない言葉を使っていると思うし、多くの人が同じようなことを言っているような気がする、でもビートルズだけがこう歌うことができるような気がする。それは私たちが感じるものであり、それは人間の感情そのもの」

ビリーはまた、ビートルズは彼女が子供の頃に聴いていた“音楽のメインプール”だったと付け加えた。

「“Something”は彼らの曲の中の1曲で、大好きで憧れていた曲で、本当に心に残ってる。この曲が私を感情的にさせた理由は、誰かにこのように感じてもらいたいと思ったからだと思う。私は愛に夢中な子供だったけど、何千人もの人にこのように感じていたのかな」

The Beatles – Something

ビリーのビートルズ好きはよく知られている。彼女は今年2月に行われた第92回アカデミー賞で、弟でクリエイティブ・パートナーのフィニアスと共に「Yesterday」を披露している。

Written by Laura Stavropoulos




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss