(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ジャズ・ファンク・キーボード奏者、バーナード・ライトが58歳で逝去

Published on

George Clinton - Photo: Jason Koerner/Getty Images

ジャズ・ファンク・キーボード奏者、シンガー、ソングライターとして活躍したバーナード・ライト(Bernard Wright)が2022年5月19日に58歳で逝去した。

家族の友人はソーシャルメディア上でこの訃報を下記のように伝えている。

「バーナード・ライト(ナード)の家族を代表して、昨日バーナードが最も高いところに召されたことをお伝えすることを、悲しく思っています。長年に渡る皆様のサポート、励まし、そしてナードへの祈りに感謝いたします。この大変な時に、ご家族のことを思い、祈っていてください。私たちの心は重く、信仰は強いものです。肉体を離れていることは、主と共に存在していることなのです。LOVE! 安らかに眠れ、ナード」

<関連記事>
2022年に亡くなったミュージシャン、音楽業界の関係者たち
ジョージ・クリントンのソロ第1作『Computer Games』
【特集】ファンクの歴史と代表的ミュージシャン達

BERNARD WRIGHT – WHO DO YOU LOVE

その生涯

バーナード・ライトは初期の頃から輝かしい才能を持っていた。13歳の若さでレニー・ホワイトとツアーを行い、1979年にはトム・ブラウンと共演。1981年にはGRPと契約した。

1981年、18歳の彼はデビューLP『Nard』をリリース。バーナード・ライトがキーボード、シンセサイザー、ピアノ、メロディカを演奏し、ヴォーカルを担当したこのアルバムは全米のジャズ・アルバム・チャートで7位を記録した。

その後、『Funky Beat』『Mr. Wright』と続き、後者は歌手マーラ・アドラーをゲストボーカルに迎えたシングル「Who Do You Love」が好調で大ヒットになった。「Who Do You Love」は1999年にザ・ワイナンスが、1995年には共同作曲者のレニー・ホワイトがカバーしている。

この曲はカバーだけではなく、シャインヘッドの「Never Been in Love B4」、ティチーナ・アーノルドの「If It Ain’t Love」、シェイズの「Tell Me (I’ll Be Around)」、ビッグ・パンの「Who Is a Thug」、ルニーズの「Is It Kool?」など、数多くの曲でサンプリングされた。また、LLクールJの「Loungin」のリミックスでもフィーチャーされている。

バーナード・ライトは「We’ll Keep Strivin」でラ・ラと共同作曲と歌唱を担当したほか、キャメオ、ボビー・ブラウン、ピーシズ・オブ・ア・ドリーム、チャールズ・アーランドらともレコーディングを行った。

La La Ft Bernard Wright , Lenny White & Marcus Miller -We ll Keep Striving

Written By Sam Armstrong



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss