エアロスミス結成50周年を記念し、ツアーに迫った初の書籍『Aerosmith On Tour 1973-1985』が発売

Published on

Aerosmith - Photo: Kevin Mazur/Getty Images for the Recording Academy

スティーブン・タイラー、ジョー・ペリー、ブラッド・ウィットフォード、トム・ハミルトン、ジョーイ・クレイマーというエアロスミス(Aerosmith)のクラシックなラインナップの結成50周年を記念して、新刊『Aerosmith On Tour 1973-1985』が発売された(日本版発売は未定)。これはエアロスミスのツアーを記録した初の書籍だ。

<関連記事>
エアロスミスの全ての作品カタログがユニバーサル ミュージックに
エアロスミス『Get A Grip』解説:商業的大成功を掴んだ理由

この書籍では、高校の講堂や古びたクラブでの初期のライブから、アリーナやスタジアムでのヘッドライナーまで、伝説のロッカーたちの軌跡や、ライヴのレビュー、目撃情報、報道記事、主要な関係者へのインタビューを通じて、彼らのツアーが明らかにされる。

ジュリアン・ギルによって書かれたこの本は、バンドがロックンロールの戦場で、キンクス、ハンブル・パイ、マハヴィシュヌ・オーケストラなどの前座を務めた初期から、アルバム『Toys In The Attic』と『Rocks』での飛躍的な成功、70年代後半のバンド内の確執と薬物乱用の問題での崩壊、そして1984年の再結成ツアー「Back In The Saddle」での再びの成功を収めるまでが描れる。

他にもコンサートやレコードの広告、年代物のレビュー、写真などのビジュアル資料が豊富に掲載され、アメリカで最も偉大なロックンロールバンドの魅力的なポートレートにもなっている。

50年前のバンド結成以来、エアロスミスは世界中で1億5千万枚以上のアルバムを売り上げ、「Amazing」「Crazy」「Janie’s Got A Gun」「Livin’ On The Edge」「Love In An Elevator」などのジャンルを超えたミュージック・ビデオを制作し、最近ではラスベガスでの定期ライブが大ヒットするなど、記録を塗り替える豪華なグローバルツアーを展開している。

Written By Tim Peacock



エアロスミス『1971: The Road Starts Hear』
2021年11月26日発売
Tower Records / HMV / diskunion 



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version