エアロスミスの全ての作品カタログがユニバーサル ミュージックに。 新たな全世界的な提携が発表

Published on

Photo: Fin Costello/Redferns

史上最も売れているアメリカのハードロックバンドであるエアロスミス(Aerosmith)とユニバーサル ミュージック グループ(UMG)が2021年8月23日、エアロスミスの全ディスコグラフィー、グッズ、オーディオ・ビデオ・プロジェクトを対象とした新たな全世界的提携を発表した。

2022年、バンドの50周年に向けて、UMGとの新たな多面的なパートナーシップにより、エアロスミスの作品が初めて一箇所にまとめられることになる。この新しいグローバルな提携は、バンドの統合カタログをサポートするだけでなく、スティーブン・タイラー、ジョー・ペリー、トム・ハミルトン、ジョーイ・クレイマー、ブラッド・ウィットフォードの個人的なアーカイブである「Vindaloo Vaults」への前例のないアクセスを許可し、音楽、写真、ビデオ映像、アートワーク、日記、セットリスト、記念品などのコレクションが積極的にキュレートされていく。

今後のリリースでは、これまでに見聞きしたことのない逸品がファンに提供され、ロック史上最も画期的で尊敬を集めるグループの一つとしてのバンドの地位をさらに強固なものにしていくとのことだ。

UMGは、今後のエアロスミスの音楽プロジェクトの本拠地となるほか、バンドの歴史や文化的影響を称える新しい映画、テレビ、その他のオーディオビジュアルコンテンツの開発、制作、配給をバンドと共同で行う。この詳細は、間もなく発表される予定だ。

<関連記事>
エアロスミス『Get A Grip』解説:商業的大成功を掴んだ理由
ハード・ロック/へヴィ・メタルにつきもの “パワー・バラード”特集

 

エアロスミスの歩み

約50年前の結成以来、エアロスミスは、世界中で1億5千万枚以上のアルバムを販売し、「Amazing」「Crazy」「Janie’s Got A Gun」「Livin’ On The Edge」「Love In An Elevator」などのジャンルを超えたミュージック・ビデオを制作し、最近ではラスベガスでのレジデント公演で大ヒットを記録し、豪華な世界ツアーも展開している。

また、1999年にはフロリダのディズニー・ワールドにて、エアロスミスの楽曲が使用されるジェットコースター「Rock’n’Roller Coaster starring Aerosmith」が稼働。バンドとして初めてテーマ別のアトラクションを持つことになった(後にはパリのディズニーでも公開された)。

幅広い文化的影響力を持つエアロスミスは、映画、テレビ番組、ビデオゲームにも登場し、スタイルアイコンとして、高い評価を得ているマルチインストゥルメンタリストとして、様々な世代のロックバンドに影響を与えてきた。また、MusiCaresは、エアロスミスの多くの芸術的業績と、スティーブン・タイラーが主導する「Janie’s Fund」活動などの慈善活動への献身を評価し、2020年に「Person of the Year」を授与している。

今回の提携は、エアロスミスとUMGの歴史的な関係を大幅に拡大するものだ。エアロスミスは『Done with Mirrors』(1985年)、『Permanent Vacation』(1987年)、『Pump』(1989年)、『Get a Grip』(1993年)など、最もヒットしたアルバムのいくつかをゲフィン・レコードから発売している。また、バンドは、マーチャンダイズを販売するBravado社のEpic Rightsと共同で商品開発を行っており、映像商品を取り扱うEagle Rock Entertainmentからコンサートフィルムをリリースしたこともある。さらに、エアロスミスは、UMGとYouTubeとのパートナーシップにより、ミュージックビデオを現在のビデオおよびオーディオ規格にアップグレードしており、最近では「Dude Looks Like a Lady」などがHDで公開されている。

2001年にロックの殿堂入りを果たしたエアロスミスは、50万枚セールスのゴールド認定が25枚、100万枚のプラチナ認定が18枚、マルチプラチナ12枚、1000万枚のダイヤモンド認定が1枚と、アメリカのグループとしては最多タイのRIAAアルバム認定を受けている。

また、バンドがボストンで結成されたことから、マサチューセッツ州では4月13日をウィリアム・ウェルド元知事が「エアロスミスの日」と定めている。

メンバー/関係者コメント

「長い道のりでしたが、エアロスミスを代表して、UMGと提携することで、50年間の音楽をひとつの屋根の下に収めることができたことを非常に嬉しく、誇りに思います。これにより、これまでできなかった方法で、ファンの皆様に音楽をお届けすることができます。これは、私たちが長い間夢見てきたことです。エアロスミスにとっても、UMGにとっても、そして最終的にはファンにとってもメリットがあります。言うまでもなく、私たちは非常に興奮しています。50年、そしてこれからの長い年月を祝うための素晴らしい方法です」(ジョー・ペリー / エアロスミス オリジナルメンバー)

「エアロスミスの世界的な成功は、歴代の偉大なロック・アイコンの中でも稀有な存在となっています。バンド結成50周年を迎えたエアロスミスは、その象徴的なカタログだけでなく、映画、テレビ、ビデオゲーム、そして彼らのユニークなスタイルを通して、音楽の流れに影響を与え続けています。個人的には、彼らがグローバル・アライアンス・パートナーとしてUMGを選んでくれたことを誇りに思います。私たちは、彼らの素晴らしいレガシーを構築し、彼らの音楽が世界中のファンにインスピレーションを与え続けることを楽しみにしています」(ルシアン・グレンジ / UMGの会長兼CEO)

「バンドメンバーとその家族にとって、これ以上の喜びはありません。私たちは、バンドの全カタログを一箇所に集めるだけでなく、これらのレコーディングをサー・ルシアン、ブルース・レシコフ、そして世界中の素晴らしいUMGシステムの有能な手に委ねることになります。サー・ルシアンには、おそらく歴史上最もユニークでお互いにメリットのあるカタログ・アレンジメントを作るために疲れを知らずに協力してくれ、エアロスミスに大きなコミットメントを提供してくれたことに感謝したいと思います。エアロスミスのメンバーと私は、サー・ルシアンに感謝するとともに、歴史上最も偉大なアメリカのロックバンドのカタログを世界に向けて長年にわたって成功裏に提供していくことを楽しみにしています」(ラリー・ルドルフ / エアロスミスのマネージャー)

Written By Tim Peacock



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version