ABBAをテーマにしたレストランが2019年春、ロンドンO2アリーナで開店

Published on

ABBAをテーマにしたレストランが2019年、ロンドンにやってくる。メンバーのビョルン・ウルヴァースが2019年春にロンドンのThe O2で”Mamma Mia! The Party”を開催するということだ。

ミラー紙が報じるところによると、このレストランでは没入型食事体験ができるそうで、オリジナル版の映画『マンマ・ミーア!』を真似たセットでギリシャのスコペロス島タヴェルナが再現される予定とのこと。

地中海料理を食べながら、ABBAのヒット曲の数々をライヴで楽しめるという、このショーの模様はこちらの映像でご覧いただける。

 

これに類似する体験型公演が2016年からストックホルムで開催されているが、3年連続でソールドアウトしている。

ロンドンでの新たな事業についてビョルン・ウルヴァースは、「私たちが長年憧れを抱いてきたThe O2は、エンターテイメント施設として大きな成功を収めてきた場所です。”Mamma Mia! The Party”をThe O2で開催することで、この文化的施設にさらなる活気をもたらすと同時に、この新たなエンターテイメント・ショーにとって、これ以上ない開催地になることでしょう」と語っている。

The O2の副社長兼総支配人のジョン・ラングフォードはこの公演を開催できることを「非常に光栄です」と語っている。

2018年初頭にuDiscoverでお伝えした通り、ABBAは、2019年にバーチャル・ホログラムによって映し出された4人がツアーするという”Virtual ABBA Tour”の詳細を発表した直後に、35年振りの新曲をリリースすることを明かしている。

4月に出されたプレス発表の中で、バンドは「ABBAのメンバー4人のアバターがツアーするというこの企画を実行しようと決断したのは思いがけない成り行きからでした。ただ、私たち全員がこの35年間を経て、また何かのきっかけで4人一緒にスタジオでレコーディングしてみたら楽しいのではないかと感じていました。そうしてそれが実現したのです。それはまるで時が止まっていたかのような、ほんの短い休暇を過ごしていただけかのような感覚でした。また、非常に楽しい経験でもありました。結果的に新曲を2曲をレコーディングしましたが、”I Still Have Faith In You”の方は、NBCが制作中で、BBCが12月に放映しようとしている特別番組の中で披露しています。私たちは年をとってしまいましたが、曲は新しいので、とても新鮮な気持ちです」。

ABBAの新曲の方向性についての質問に対して、ベニー・アンダーソンは「1曲は今の時代のために書いたもので、もう1曲は1972年に書いていたかもしれないね」と答えている。

「そうだね」、とビョルン・ウルヴァースもそれに同意して、「まさにABBAの音楽になっていると思うよ。今の全英TOP10チャートを聴いても、何か起こっているのかわかりませんから」と語った。

Written By Tim Peacock


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック』


  


Share this story
Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version