1971年の名作を紹介するAppleTV+新シリーズより、G・ハリスン、M・ゲイらが登場する新予告公開

Published on

Photo: Michael Ochs Archives/Getty Images

Apple TV+が、2021年5月21日から配信をスタートする新ドキュメンタリー・シリーズ『1971:その年、音楽が全てを変えた』(原題 1971: The Year That Music Changed Everything)より、ジョージ・ハリスン、マーヴィン・ゲイらが登場する予告編映像が公開された。

<関連記事>
1971年に生まれた名作と当時の社会的/政治的背景を描くドキュメンタリーが5/28配信
マーク・ロンソンが音楽とテクノロジーに迫るドキュメンタリーがApple TV+で配信
ルイ・アームストロングの最新ドキュメンタリーが制作決定、Apple TV+で独占配信へ

『AMY エイミー』『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』などのドキュメンタリー作品の映像制作チームが手掛ける同シリーズは、ザ・フーの『Who’s Next』からマーヴィン・ゲイの『What’s Goin’ On』まで、1971年に生まれた数々の名作に焦点を当て、これらの音楽の多くを不可欠で永続的なものにした、当時の社会的・政治的背景をじっくりと描き出すものだ。

デヴィッド・ヘプワースによる著書『Never a Dull Moment: 1971 The Year That Rock Exploded』から着想を得たというこの作品は、ジェームズ・ゲイ・リー、デヴィッド・ジョセフ、ユニバーサル ミュージック グループのアダム・バーカーらによる製作総指揮の下、アシフ・カパディアが監督を務めている。

ジェームズ・ゲイ・リースは、同シリーズについて次のように述べている。

「この本を執筆したデヴィッド・ヘプワースと一番最初にこの仕事についてお話しした時、1971年という年に、社会的、政治的に何が起こっていたか、どんなアルバムが発売されたのかなどについて説明してもらったことを覚えています。多くの人々同様に、私もこのシリーズで取り上げているアーティストたちの大ファンです。しかし、そのリストには終わりがないように思えるほど、これだけの作品が全て同じ年に発売されたことが信じられなくて、ちょっとした衝撃を受けました。つまり、その数ヶ月間だけでも、音楽史を象徴するような瞬間がいくつもあるんです」

マーヴィン・ゲイの「What’s Going On」から始まるこの予告編は、1971年の音楽革命において大きな役割を果たした、ザ・ローリング・ストーンズ、ジョン・レノン、エルトン・ジョン、ボブ・マーリーなど、多くのアーティストの映像を映し出している。

『1971:その年、音楽が全てを変えた』は、オープニングで、「1971年、我々は21世紀を創造していた」と語る声を聞くことができるデヴィッド・ボウイをはじめ、この年に深く意味のある瞬間を過ごし、後に大きな名声と影響力を得たアーティストたちに焦点を当てていく。

Written By Will Schube




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version