ジャズ・ヴォーカル界のキング&クイーン夢の共演。トニー・ベネットとダイアナ・クラールのデュエット・アルバム発売決定

Published on


過去10年間のアルバム・セールスが合計1,000万枚(2作品が全米チャート1位を獲得)を誇る現役最高峰の「キング・オブ・ジャズ・ヴォーカル」ことトニー・ベネットと、8作品が全米ジャズ・チャート1位に輝く「ジャズ・ヴォーカルの女王」ことダイアナ・クラール。正真正銘のジャズ・ヴォーカル界のキング&クイーンによるデュエット・アルバム『Love Is Here to Stay』が、9月14日に全世界同時発売されることが、トニーの92回目の誕生日である本日8月3日に発表された。

トニーとダイアナは2000年にツアーを一緒にまわり、トニーの2枚のアルバム『Playin’ with My Friends: Bennett Sings the Blues』(2001年)、『Duets: An American Classic』(2006年)にダイアナがゲスト参加しデュエットを披露するなど、20年以上にわたり友情を育んできたが、今回満を持してフル・アルバムを完成させた。

今回の新作では、20世紀アメリカが生んだ最高の作曲家=ジョージ・ガーシュウィンの生誕120周年を祝し、グラミー常連のビル・チャーラップ・トリオをバックに、スタンダード・ナンバーとして現在も歌い継がれるジョージ&アイラのガーシュウィン兄弟作の名曲の数々を録音。

発売元のヴァーヴ・レーベル・グループの社長兼CEOであり、アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたダニー・ベネットは、次のようにコメントしている。

「トニー・ベネットとダイアナ・クラールがガーシュウィン兄弟の名曲を歌うということは、歌手とソングライティングの実に完璧で芸術的な組み合わせです。スペシャルなパフォーマーをスタジオに連れて行き、ガーシュウィンのソングブック集を彼らの前に置く。これは、それが必然的なものであると聴けばすぐに理解できる、そんな類の作品です」。

(c)Mark Seliger

日本国内盤は、通常盤CDに加えて、貴重なデュオ・パフォーマンス映像を数曲分収録したボーナスDVD付デラックス・エディションも発売される。iTunes Storeではアルバムの予約がスタートしている。


トニー・ベネット&ダイアナ・クラール
『Love Is Here to Stay』

各種予約はこちら↓
国内盤CD+DVD 国内盤CD 輸入盤LP iTunes  Spotify


Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version