(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

トム・ミッシュの新作『What Kinda Music』は、天才ドラマー、ユセフ・デイズとのコラボ作

Published on

photo by Adama Jalloh

ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ディスコ等のジャンルを融合し、デ・ラ・ソウル、FKJ、マイケル・キワヌーカの他、星野源ともコラボしていることで話題の南ロンドン出身のマルチプレイヤー/プロデューサーのトム・ミッシュ(Tom Misch)がユセフ・デイズ(Yussef Dayes)とのコラボ・アルバム『What Kinda Music』を2020年4月24日に発売することを発表した。

トム・ミッシュは2018年のデビュー・アルバム『Geography』でブレイクを果たし、2019年に来日した際にはGREENROOM FESTIVALでヘッドライナーを務め、日本テレビ系「スッキリ」でもパフォーマンスも披露。音源としては、2019年にマイケル・キワヌーカとともに「Money」を発表、今年に入っては、コモンの「My Fancy Free Future Love」のリミックスを手掛けるなど勢力的に活動する中、ファン待望の新作アルバムの発売となる。

新作で共演するジャズ・ドラマーのユセフは、ジャイルス・ピーターソン主宰レーベルからデビューしたユニットYussef Kamaalの1人。トム・ミッシュとユセフは同じ南東ロンドン出身で、二人が知り合ったのは9歳の頃に学校のタレントショーでユセフがドラムをプレイしていたのをトムが見かけたのがきっかけ。そして2018年の夏、トムの『Geography』のパーティーで再会して、今回のコラボ作の制作へとつながった。

同郷ながらも、異なる音楽的背景を持つ2人の作品は名門ジャズレーベルのBlue Note Recordsからリリース。アルバムの情報と共に、タイトル・トラックのシングル「What Kinda Music」も解禁され、同曲のミュージックビデオも公開となっている。監督はDouglas Bernardtが務めている。

Tom Misch & Yussef Dayes – What Kinda Music (Official Video)

新作について二人は下記のようにコメントを寄せている。

「ユセフはどちらかと言うとエクスペリメンタル(実験的)なバックグラウンドを持っていて、無駄な力が入っていなくてクレイジーなアイディアの持ち主です。そこに僕のキャッチーなメロディーのソングライティングテクニックを加えて、ユセフのアイディアをより普遍的に出来たと思います」(トム・ミッシュ)

「俺達の両親は、これまで会ったことがなかったのに、今では俺達以上に会う程仲が良いんです! この作品を通じて、同様な影響が世界の人々にもあって欲しいと願ってます。特に、分断しがちな現代だからこそ。二人の全く異なる音楽背景を持つミュージシャンによるコラボ作で、それを聴き取って欲しいです」(セフ・デイズ)



トム・ミッシュ&ユセフ・デイズ『What Kinda Music』
2020年4月24日発売
CD / iTunes / Apple Music

<国内盤アルバム・トラックリスト>
1. What Kinda Music
2. Festival
3. Nightrider (feat Freddie Gibbs)
4. Tidal Wave
5. Sensational
6. The Real
7. Lift Off (feat Rocco Palladino)
8. I Did It For You
9. Last 100
10. Kyiv
11. Julie Mangos
12. Storm Before the Calm (feat Kaidi Akinnibi)
13. Saddle ※
14. Tidal Wave Outro ※
15. Seagulls ※
16. What Kinda Music (Jordan Rakei Remix) ★

国内盤ボーナス・トラック4曲収録
(※ 海外デラックスLP盤収録/★デジタル・ボーナス・トラック)

<バイオグラフィー>
【トム・ミッシュ】(アーティスト写真右)
南ロンドン出身のマルチプレイヤー/プロデューサー。ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ディスコ等のジャンルを融合し、デ・ラ・ソウル、FKJ、マイケル・キワヌーカの他、日本では星野源ともコラボしている。
2018に発表したデビュー・アルバム『ジオグラフィー』で、ここ日本でも大ブレイクを果たし、2019年のGREENROOM FESTIVALではトリを務めた。

【ユセフ・デイズ】(アーティスト写真左)
新進気鋭のイギリスのジャズ・ドラマーであるユセフは、Giles Petersonが惚れたユニットYussef Kamaalの1人でありながら、兄弟とはアフロ・ジャズカルテットのUnited Vibrationsとしても活動。70年代のファンクからセネガルのパーカッションまで幅広く世に発信している。



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss