(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

テデスキ・トラックス・バンド、2月に最新アルバム『Signs』発売。6月には約3年ぶりの来日公演決定

Published on

新世代3大ロック・ギタリストのひとりと称されるデレク・トラックスとブルース・シンガー兼ギタリストのスーザン・テデスキ夫妻が率いる大所帯のブルース・ロック・バンド、テデスキ・トラックス・バンドの4枚目となるオリジナル・アルバム『Signs』が2月15日に世界同時リリースされることが明らかとなった。同日には、配信アルバムのiTunesプリオーダーと新曲「Hard Case」の先行配信がスタートしている。

2016年作品『Let Me Get By』同様、バンドのホームであるフロリダ州ジャクソンヴィルのスワンプ・ラーガ・スタジオにてレコーディングされた同作には、高揚感のあるソウル・アンセムからビター・スウィートなバラード、そしてロックンロールまでバラエティに富んだ全11曲のオリジナル曲が収録される(日本盤にはボーナス・トラック1曲が追加)。

さらに収録曲の作曲には、12名のバンド・メンバーの他にウォーレン・ヘインズ、オリヴァー・ウッド、ドイル・ブラムホールⅡ世といったバンドと旧知のなかである名うてのミュージシャンたちが参加し、ザ・ローリング・ストーンズ、トム・ペティといった数多くのアーティストの作品でエンジニアを務めてきたジム・スコットがレコーディングに携わる等、充実した作品に仕上がっている。

尚、テデスキ・トラックス・バンドは1月中旬から全米ツアーを開始し、詳細は未定だが今年の6月には2016年春の日本武道館公演を含むジャパンツアー以来となる来日公演の開催が決定している。


テデスキ・トラックス・バンド『Signs』
2019年2月15日世界同時発売
CD予約 /  iTunes予約


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss