(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

マーカス・キング・バンド、自身3作目『Carolina Confessions』発売決定

Published on

2016年秋に発表された自身2作目で、メジャー・デビュー・アルバムとなった『The Marcus King Band』が多くのギター・ロック・ファンから支持を集め、フジロック・フェスティバル’17にて鮮烈な日本デビューを果たしたマーカス・キング・バンド。彼らのセカンド・アルバム『Carolina Confessions』の日本盤が10月17日に発売されることが発表された(輸入盤・配信は9月28日発売)。アルバムの中から、夜中に車で帰路につく主人公が月の光に導かれて家へと帰る姿が歌われる3曲目収録の「Homesick」と、歪んだスライド・ギターが印象的な10曲目収録の「Welcome ‘Round Here」の先行配信もスタートした。

Photo by David McClister

今作に収録される楽曲は、ブラック・キーズのダン・オーバック、ベテラン・シンガーソングライター、パット・マクラフリンと共作した5曲目「How Long」以外は全てバンド・リーダーでギタリスト/ヴォーカルのマーカス・キングのオリジナル曲であり、「このレコ―ドの曲は全てひとつの中心的なテーマに基づいている。それは、人との関係性が終わってしまうとき、批難の余地が全くないような人なんて存在しないということ」とコメントしており、故郷の南カロライナ州や友人への別れが歌われた楽曲が収録される。

尚、今作のプロデューサーには、これまでカントリーとアメリカーナ部門において4つのグラミー賞を獲得する等の経歴を持つ音楽プロデューサー、デイヴ・コブが起用されている。


マーカス・キング・バンド『Carolina Confessions』
発売日:輸入盤・配信9月28日/日本盤CD10月17日

日本盤CDはこちら iTunes予約中


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss