(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

エアロスミス、未発表&HDレストアのコンサート映像を5週連続YouTubeで公開

Published on

Aerosmith 'From The Aerosmith Vaults' - Photo: Courtesy of UMe

ロック界のレジェンド、エアロスミス(Aerosmith)は、結成50周年を記念して、『50 Years Live!: From the Aerosmith Vaults』を発表した。この企画は、エアロスミスの膨大な倉庫から、5つのディープな過去未公開のコンサート映像をバンドのYouTubeで1週間ずつ公開するものだ。

このシリーズは、バンドの監修のもと、1977年にヒューストンで行われた2夜連続のライヴを収録した『Live From The Summit, Houston, TX, 1977』で幕を開け、その生々しくパワフルなロックンロールの輝きが5週にわたって公開される。

<関連記事>
エアロスミスの全ての作品カタログがユニバーサル ミュージックに
エアロスミス『Get A Grip』解説:商業的大成功を掴んだ理由

Announcing: 50 Years Live! From The Aerosmith Vaults

 

未発表コンサート映像

このシリーズの第1回となる『Live From The Summit, Houston, TX, 1977』は、エアロスミスの公式YouTubeチャンネルで日本時間7月30日午前4時に公開され、その後1週間限定でアーカイブ公開となる。『Live From The Summit, Houston, TX, 1977』からのハイライト映像も同時にエアロスミスのYouTubeチャンネルに追加される予定で「Back In The Saddle」「Mama Kin」「Sweet Emotion」などの演奏映像が含まれる予定だ。

『Live From The Summit, Houston, TX, 1977』は、オリジナルの2インチのマスター・アナログ・ビデオ・カートリッジから収録されたもの。1977年6月24日と25日にテキサス州ヒューストンのThe Summitにて2晩に渡って撮影された映像が使用されている。このライヴ映像は過去には社内向け資料としてのみ使用されていたもので、今回HDリマスターされ、45年前の映像に生命が吹き込まれて一般には初公開となる。この1時間に及ぶ大迫力のパフォーマンスは、エアロスミスが70年代に最もホットなバンドのひとつとなり、それが現在に至るまで続いている理由を示している。

バンドがサミットのステージに登場すると、「Back In The Saddle」「Mama Kin」「Lord Of The Thighs」「Lick And A Promise」「Sweet Emotion」のパワフルで生の演奏が始まり、ジョー・ペリーの象徴的なトークボックスや、トム・ハミルトンがおなじみのグルーブを奏でるベースラインが特徴的なライヴを堪能できる。その他のハイライトは、「Draw The Line」「Walk This Way」「Toys In The Attic」の鮮烈なバージョン、そして1973年にトップ10入りしたパワーバラード「Dream On」も演奏される。

膨大な資料の探索

『For 50 Years Live!: From the Aerosmith Vaults』は、プロデューサーのスティーブ・バーコウィッツと、長年エアロスミスと一緒に働いているトミー・ヒギンズ&ジョン・ビオネリが、バンドの膨大な倉庫を徹底的に調査し、当時のオリジナル・フォーマットで録音されたコンサート映像の宝庫を発掘。ディレクター兼プロデューサーのジェニファー・ルボー(過去にレディー・ガガ、トニー・ベネット、ボブ・ディラン、ポール・サイモンを手掛けた)の協力のもと、これらの映像は慎重にデジタルへと変換され、歴史的記録文書が保存されるようになった。スティーブ・バーコウィッツとデニス・ウルフがプロデュース、Vanderquest UKとFormosa Soundが映像・音声の修復作業を行い、当時の演奏が最高の映像とサウンドで蘇ることになった。

エアロスミスの公式ウェブサイトとYouTubeチャンネルでは、7月30日の『Live From The Summit, Houston, TX, 1977』から5週連続で、各年代から毎週異なるコンサート映像を公開すると発表している。各公開日程と詳細は以下の通り(それぞれ日本時間表記/午前4時より公開)。

・7月30日『Live From The Summit, Houston, TX, 1977 (Draw The Line Tour)』
・8月6日『Live From The Capital Centre, Landover, MD, 1989 (Pump Tour)』
・8月13日『Live From The Coca-Cola Star Lake Amphitheatre, Pittsburgh, PA 1993 (Get A Grip Tour)』
・8月20日『Live From Comerica Park, Detroit, MI 2003 (Rocksimus Maximus Tour)』
・8月27日『August 26: Live From Arena Ciudad de Mexico, Mexico City, 2016 (Rock ‘N’ Roll Rumble Tour)』

この各公演の映像配信開催に合わせて、バンドの公式オンラインストアでは、各年代を記念した限定グッズカプセルの新コレクションも販売される予定だ。

ラスベガス定期公演

50周年記念の一環として、エアロスミスはラスベガスにて、人気ホテルPark MGMのライヴ会場Dolby Live(2021年にパークシアターから改名)にて、レジデンシー公演『AEROSMITH: DEUCES ARE WILD』を9月14日から12月11日まで行い、これがDolby LiveにてDolby Atmosのサウンドが提供される初のライヴコンサート体験となる。Dolby Liveは、Dolby Atmosでライヴ音楽を楽しむことができる、世界で最も技術的に進んだパフォーマンス会場の一つだ。

エアロスミスは、このラスベガスでの定期公演に加え、9月4日にメイン州バンゴールのMaine Savings Amphitheaterでの公演、そして9月8日には地元ボストンの歴史あるフェンウェイ・パークでの公演を予定している。

Written By Tim Peacock



エアロスミス『1971: The Road Starts Hear』
アナログ盤/カセット 2021年11月26日発売
CD/配信 2022年4月8日発売
iTunes Store / Apple Music / Amazon Music



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss