(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Columns

D姐の洋楽コラム:第1回 ジョジョと洋楽

Published on

アクセス総数5億ページ超の大人気サイト「ABC振興会」を運営しながら、多数のメディアで音楽やセレブに関する執筆やインタビューなどをこなす米国ハリウッド在住の「D姐」さんの連載コラム「D姐の洋楽コラム」第1回です。コラムの過去回はこちら


第1回 「ジョジョと洋楽」

1986年に週刊少年ジャンプで連載が開始されてから、コミック累計販売数が一億冊を超えている超モンスター人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』。日本のポップカルチャーを代表する作品『ジョジョ』の作者である荒木飛呂彦氏が描くアクション、ドラマ、ミステリー、SF……人類が考え得る全ての業を網羅した世界観、そこで生を与えられた全てのキャラクターが縦横無尽に活躍する様が魅力的なのは言うまでも無いが、彼らの命名にはある共通点があることは有名な話。それは、ロック大好きな荒木先生がキャラクターの多くに洋楽をモチーフとした名前をつけていることだ。

登場人物の各々が、不思議なバトル能力を有し、この超能力を具象化したキャラクター=<スタンド>を持っていて、スタンド同士がバトルを繰り広げるという斬新さが『ジョジョ』の醍醐味のひとつだが、そのほとんどのスタンドが洋楽のバンドやアーティスト、アルバム名、曲名にインスパイアされた名前がついている。プログレからハードロックまで英米ロックを中心にポップ、パンク、R&Bやヒップホップなど広範囲に渡り、時代も60~80年代の音楽シーンを中心に、レディー・ガガまでを押さえていて、荒木氏の洋楽愛にあふれているといえよう。

まず、主人公からして洋楽絡みだ。タイトルにもなっている「ジョジョ」は一連の主人公の共通したニックネームだが、そもそもジョジョはザ・ビートルズポール・マッカートニーが作詞した「Get Back」(1969)の歌詞冒頭から登場しジョン・レノンのことを指している名前という時点で、洋楽ファンならただならぬ興奮を感じてしまうはずだろう。はからずもこの曲はザ・ビートルズ全員がライヴ生演奏した最後の曲でもある。1969年1月にロンドンのアップルCorps.のビルの屋上で開催されたいわゆる「ルーフトップ・コンサート」において、警察の制止によってやむなく中断させられたゲリラライヴはこの曲で幕を閉じ、同曲は3ヶ月後にシングルとして発売され英国で6週連続1位、解散発表から一ヶ月後の翌年5月にリリースされた最後のオリジナル・アルバム『Let It Be』に、B面最後の曲として収録されている。ザ・ビートルズのなかでも、とりわけ曰く付きのこの曲が主人公のニックネームのインスパイアになっているのだ。

『ジョジョ』は現時点で全118巻に及ぶ膨大なスケールの物語だけに、キャラクター数もハンパない数ゆえ、全てのキャラについてここで語り尽くせないのが残念だが、前述の「スタンド」で当初はタロットやエジプトの神をモチーフにしていた名前から、洋楽由来にシフトするのが第4部「ダイアモンドは砕けない」(1989~)になる。主人公・東方仗助のスタンドは、ピンク・フロイドの名曲「Shine On You Crazy Diamond」が元ネタの「クレイジー・ダイアモンド」で、同曲は1975年リリースのアルバム『Wish You Were Here』(1975)に収録。とてつもない破壊力と猛速の攻撃性とは対局に万物の修復能力もあるクレイジー・ダイアモンドだが、元曲は精神疾患でバンドを脱退した不遇の天才ギタリスト、シド・バネットを想い「君は若かった頃、太陽のように輝いていた。クレイジー・ダイアモンドよ」と唄った曲であるのは感慨深い。

1そしてクレイジー・ダイアモンドの宿敵であるのが、サイコパス殺人鬼・吉良吉影のスタンドである「キラー・クィーン」である。コイツがめちゃくちゃ強い。キラー・クィーンは触ったモノを爆弾に変え、爆発させることができるという能力、そして追跡型の爆弾となる能力「シアー・ハート・アタック」、憑依型爆弾「バイツァ・ダスト」の能力を備えるが、これらは当然、英バンドのクイーン絡みのネーミングになることはお気づきだろう。「Killer Queen」(1974)はクイーンで最初に世界的ヒットになった曲だが、実は高級ブランドがお似合いの女王のような高貴な雰囲気漂う高級コールガールを歌っていて、高級ブランド好きで「レーザービーム付きのダイナマイトで男を吹っ飛ばす(くらいセクシー)」という歌詞も、吉良とスタンドのスペックにふさわしい。

「Sheer Heart Attack」はクイーンの74年リリースのアルバム名(『Sheer Heart Attack)』収録)であり、77年にリリースされたトラックでもある。ロジャー・テイラー曰く、なんでも同曲がレコーディングされた時、隣のスタジオにはセックス・ピストルズがいてその影響を受けたらしく、クイーンとしては珍しいパンク・ロックに仕上がっている。「バイツァ・ダスト」はクイーンの代表曲「Another One Bites The Dust」(1980)のこと。邦題「地獄へ道づれ」というこの曲、他人を爆弾化させて吹っ飛ばし時間までも爆破して何事もなかったことにしてしまうという恐ろしい能力に見事にシンクロしている。仗助VS吉良の戦い、言い換えれば実はピンク・フロイドVSクイーンの戦いなのかと思うとゾクゾクしてくる。

そしてスタンドではなく、洋楽バンドが人名になっている代表的なキャラクターがいる。第1部の主人公ジョナサン・ジョースターの親友であり、長年に渡って登場し愛されたキャラクターである超重要キャラのロバート・E・O・スピードワゴンだが、その名の通り1980年代初頭に一世を風靡したアメリカン・ロックバンドのREOスピードワゴンが由来になっている。

REOスピードワゴンは、いい意味で非常に「アメリカ臭い」バンドだが、数多くのメンバー交代と地道過ぎるライヴ活動の末にレコードデビューから10年、バンド結成から13年で漸く全米1位のヒット曲「Keep On Loving You」に恵まれ、9枚目のオリジナル・アルバム『Hi Infidelity(邦題:禁じられた夜)』が大ヒット。このアルバムは全米で当時900万枚を売り上げて1981年で最も売れたアルバムになった凄いバンドなのである。レコード契約に至るまでも何度もメンバー交代があったが、結成の翌年に加入したヴォーカルのテリーがクビになった時の逸話は、前代未聞の「とうもろこし畑置き去り事件」として伝説にもなっている。テリーはデビュー・アルバムでヴォーカルを務めていたが、バンドの中心人物(といってもテリーより遅く1970年加入。しかしゲイリーのソングライティング能力のおかげでサウンドに幅が出てレコード契約までこぎつけたと言っても過言ではない)であるギタリストでソングライティングの要だったゲイリー・リッチラスと対立。理由は楽曲「Golden Country」をふたりが共作したのか、ゲイリーの単独のソングライティングだったかでお互いが譲らなかったことが発端で、テリーがバンドから孤立した。ある日、地元のシカゴから遠く離れたライヴハウスで行われたライヴで、テリーがキレてライヴを中断、そのまま続行が不可能になってしまった。当然もっとキレたのはライヴハウスのオーナーで、ギャラの支払いを拒否。バンドはあてにしていたギャラが無くなり、深夜に帰りのガソリン代さえ払えない状況だった。これに今度はゲイリーがキレて車を留めてテリーと殴り合いをして決着をつけようとしたが、テリーはおそれをなしてトウモロコシ畑に逃げ込んでしまった。「あんなやつ、置いていこうぜ」というゲイリーの提案に反対するものは驚くことに誰もおらず、テリーを置き去りにして車を走らせたのだとか。バンド結成時にも同じような話があり、気にくわないキーボーディストに「俺ら今日で辞めるから」と全員で一斉に脱退して、別のキーボーディストのニール・ドーティと一緒にそのまま新バンドを結成したのがREOスピードワゴンの始まりという彼ららしい逸話だといえば、それまでだが。ちなみにテリーは現在ではフェデックスの運転手をしながら、地元でバンド活動をしているらしい。ちなみにREOスピードワゴン自体の由来は、イリノイ大学で電気工学を学んでいたニールが、運輸史で出てきたピックアップトラックの元祖であるREOスピード・ワゴン(レオ・モーターカー社1915年製作)から名付けたもので、現在メンバーは60代後半から70代になっているが、昨今のレトロバンド・ブームもあって、STYXデフ・レパードとともに世界ツアーを精力的に行っている。

現在はウルトラ・ジャンプ誌で「ジョジョ」の第8部が連載されているが、最新シリーズでもスタンドにレディー・ガガのヒット曲「Born This Way」やリアーナの「California King Bed」にちなんだ名前がスタンドに命名されている。洋楽ファンには次にどんな洋楽ネーミングが登場するのかも楽しみのひとつ。今後の展開にもますます期待したい。

 

♪コラム内でとりあげられたクイーンの『Sheer Heart Attack』のSpotifyでの視聴はこちら


■著者プロフィール

DaneABC振興会D姐(Dane/あね/ねえ)

米国ハリウッド在住。セレブやエンターテイメント業界のニュースを独自の切り口で紹介する、アクセス総数5億ページ超の大人気サイト「ABC振興会」を運営。多数のメディアで音楽やセレブに関する執筆、現地ロサンゼルスでのテレビやラジオ、雑誌用のセレブやアーティストのインタビューやレッドカーペット等の取材をこなす。

ABC振興会:http://abcdane.net
Twiitter:https://twitter.com/Dane_ABC

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss