ラン・ラン、バッハが眠る教会で演奏した『ゴルトベルク変奏曲』コンサート映像を11月20日に配信

Published on

Lang Lang. Photo: Deutsche Grammophon /Olaf Heine

人気ピアニスト、ラン・ランが9月に発売し絶賛を浴びているアルバム『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』。このデラックス・エディションに音源が収録されているライプツィヒの聖トーマス教会におけるコンサートの映像が『DG Stage』にて有料配信されることが決定した。

バッハが楽長を務めた聖トーマス教会のバッハの墓からわずか数メートルという場所で演奏した、ラン・ランにとても特別なコンサート映像だ。日本時間11月20日(金)午前4時から48時間視聴できる。

©Stefac Hoederath

また、アルバム『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』のエクステンデッド・エディションが2021年2月12日にデジタル・リリースされることも発表された。これは、『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』に7曲を追加収録したもの。追加される7曲は以下の通りで、トラック1~4は11月20日に先行配信される。

1)シュテルツェル:汝わがそばにあらば(BWV 508)
2)バッハ:シンフォニア(クリスマス・オラトリオ BWV 248)
3)バッハ:シチリアーノ(フルート・ソナタ第2番 BWV 1031/編曲:ケンプ)
4)バッハ:アンダンテ(イタリア協奏曲 BWV 971)
5)シューマン:アラベスク
6)バッハ:羊は安らかに草を食み(カンタータ《楽しき狩こそわが悦び》BWV 208)
7)ゴルトベルク:アンダンテ(ソナタ ニ長調)

ラン・ランは「ゴルトベルク変奏曲を弾けば弾くほど、バッハと彼の同時代人、そして彼が影響を与えた作曲家たちについて知りたいという思いが強まりました。今回録音した7曲は、すべてバッハの音楽に対する私の理解を深めてくれた作品ばかりです」と語っている。


【DG Stage】ラン・ラン/バッハ:ゴルトベルク変奏曲@聖トーマス教会
日本時間 2020年11月20日午前4時~
チケット購入はコチラ▶DG Stage
※48時間視聴可能
※DG Stageのサイトは日本語に対応しておりません。


ラン・ラン『バッハ: ゴルトベルク変奏曲』
2020年9月4日発売
デラックス・エディション 限定盤(スタジオ録音+ライヴ録音):MQACD x UHQCD 4枚組
スタンダード (スタジオ録音):SHM-CD2枚組

CD / iTunes / Amazon MusicApple Music / Spotify





Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version