(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

ヴィキングル・オラフソン、ニュー・アルバム『モーツァルト&コンテンポラリーズ』発売決定

Published on

© Ari Magg

2019年英グラモフォン賞「アーティスト・オブ・ジ・イヤー」受賞、2020年ドイツ『オーパス・クラシック賞』器楽録音(ピアノ)部門受賞と世界的な音楽賞を次々と射止めるアイスランドの若手ピアニスト、ヴィキングル・オラフソンがニュー・アルバム『モーツァルト&コンテンポラリーズ』を9月3日に発売する。

Mozart: Piano Sonata No. 16 in C Major, K. 545 "Sonata facile" – II. Andante

『モーツァルト&コンテンポラリーズ』は、作曲家たちが試行錯誤し、当時の古典派音楽に変化が起きていた10年間に焦点を当てた作品。ウィーン古典派を代表するモーツァルトのピアノ作品を、同時代の作曲家、ハイドン、C.P.E.バッハと、滅多に録音されないガルッピやチマローザの作品を並べ、オラフソンの得意とする独創的なプログラミングによって、芸術的にまとめている。

1780年代のモーツァルトの人生と芸術に限りない魅力を感じているというオラフソンは、「モーツァルトは単なる作曲家ではありません。ヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして自分のために作曲していたときには、彼の独創性の源である遊び心をこれまで以上に発揮していたように思うのです。この時期のモーツァルトは、古典派の伝統を完成させながら、絶妙に覆してもいました…影がより濃く、ニュアンスや曖昧さの深みが増しています。」とコメントしている。

また、本作を通して、“神童”のモーツァルトのイメージを払拭したいとも話す。「有名な作品と無名のものが混在することで、モーツァルトの音楽に対して私たちが持っている偏見を取り除くことができるのではないかと期待しています。ガルッピやチマローザのような、驚くほど叙情的で希少な作品を発見したときに感じたような、自由で子供のような気持ちでモーツァルトの最もよく知られた作品にアプローチしていただきたいです。」

さらに、「モーツァルトを演奏すると、音楽家としての自分を知ることができるような気がします。彼は、音楽における自分の一番奥にある核心を反映しているように思えるのです。」ともコメントしている。

9月3日のアルバムリリースに先立ち、本日、アルバムからモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545のデジタル先行配信がスタート。また、アルバムのティザー映像も公開されている。

Víkingur Ólafsson – Album Teaser

■リリース情報

ヴィキングル・オラフソン

『モーツァルト&コンテンポラリーズ』
2021年9月3日発売

CD / iTunes / Apple Music / SpotifyAmazon Music


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss