(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

実力派ピアニスト、金子三勇士の日本デビュー10周年記念アルバム『フロイデ』が3月にリリース決定

Published on

日本人の父とハンガリー人の母との間に生まれ、6歳で単身ハンガリーに渡り研鑽を積んできたピアニストの金子三勇士の最新アルバム『フロイデ』が、2022年3月4日(金)に発売されることが発表された。

今作は、金子三勇士の日本デビュー10周年を記念して制作され、リストが編曲したベートーヴェンの交響曲第9番から第4楽章を金子三勇士がアレンジしたスペシャル・ピアノ版〈フロイデ〉を収録。〈フロイデ〉は、3月5日(土)にサントリーホールで開催される日本デビュー10周年記念リサイタルで世界初披露される楽曲となっている。さらに、シューベルト(リスト編曲)の〈アヴェ・マリア〉、モーツァルト(リスト編曲)の〈アヴェ・ヴェルム・コルプス〉、そして金子三勇士が編曲を手掛けたJ.S.バッハの〈G線上のアリア〉といった、世界中から愛され続けるクラシック名曲を含む、計4曲を収録予定。

金子三勇士は今回のアルバム発売について「音楽が放つ生きる喜び、フロイデ!巨匠ベートーヴェンが到達した境地を、ピアノで歌い上げることで人々に伝えてきたリスト。彼らの想いを、今だからこそ継承したい」とコメントを寄せている。

2019年には、映画『蜜蜂と遠雷』で準主役のマサルのピアノ演奏を担当して大きな話題となり、現在、NHK-FM「リサイタル・パッシオ」の司会者としてレギュラー出演し、軽快なトークを交えたリサイタルも人気の金子三勇士。ダイナミックで説得力のある演奏と共に、交響曲の編曲を手掛けるなど、作品でみせる新たなる挑戦からも今後目が離せない。

■公演情報

金子三勇士 ピアノ・リサイタル
~原点×挑戦~
日時 :2022年3月5日(土)
会場 :サントリーホール
www.japanarts.co.jp


■アーティスト情報

©Seiichi Saito

金子三勇士

1989年日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学、2001年からは11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学。
2006年に全課程取得とともに帰国、東京音楽大学付属高等学校に編入する。東京音楽大学を首席で卒業、同大学院修了。
2008年、バルトーク国際ピアノコンクール優勝の他、数々の国際コンクールで優勝。第22回出光音楽賞他を受賞。
これまでにゾルタン・コチシュ、小林研一郎、ジョナサン・ノット他と共演。国外でも広く演奏活動を行っている。
NHK-FM「リサイタル・パッシオ」に司会者としてレギュラー出演。
2019年5月には新譜CD「リスト・リサイタル」をリリースした。
コロナ禍でも、オンラインを活用したさまざまな企画を発信中。2021年は日本デビュー10周年を迎えた。
キシュマロシュ名誉市民。スタインウェイ・アーティスト。


■リリース情報

2022年3月4日発売
金子三勇士『フロイデ』
CD 


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss