(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

グラミー3度受賞のヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンが新アルバム『エクリプス』を発売決定

Published on

©OJ Slaugther

ヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンが新作『エクリプス』を10月7日(金)にリリースすることが決定した。

今作は、2021年にアンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮フランクフルト放送交響楽団との無観客公演で演奏したドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲と、パンデミック後はじめての有観客で演奏したヒナステラのヴァイオリン協奏曲とサラサーテのカルベン幻想曲のライヴ録音を収録している。

全く異なるこの3つの作品は、ヴァイオリンという楽器だけでなく、それぞれの作曲家が長い間故郷を離れていたことが共通している。チェコ共和国出身のドヴォルザークとメキシコ出身のヒナステラはアメリカで、スペイン出身のサラサーテはほぼ永久的にツアー活動をしていたが、それぞれ独自の芸術を世界に発信しながらも、自らの文化的ルーツに触れ続けていた。2019年から1年間長期休暇に入ったハーンにとって、これらの作曲家が異国の地で貫いた“自分らしさ”は、自身の音楽的アイデンティティを再認識するきっかけになったという。

今作について、「私にとってこのアルバムは、困難な時期に、力強く美しいものを作った軌跡です。カルメン幻想曲の最後の音を弾いたとき、本当に難しいことを乗り越え、人として、音楽家として、より強くなったように感じました。」とコメントしている。

なお、本日より「サラサーテ:カルメン幻想曲 作品25」から 第3楽章:Allegro moderatoと第4楽章:Moderatoの配信がスタートしている。

Sarasate: Carmen Fantasy, Op. 25 – III. Allegro moderato

■リリース情報

ヒラリー・ハーン『エクリプス』
2022年10月7日発売
iTunes /Amazon Music / Apple Music / Spotify





 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss