ジョージ・ハリスン最高のB面トラック:知っておくべき5つの隠れた名曲

Published on

Photo: Max Scheler - K & K/Redferns

遥か昔、すべての重要なシングルにはA面とB面の2面がある時代があった。恐らくレコード会社の重役たちがそこまで重要ではないと判断したトラックがB面曲に選ばれるわけだが、それらの楽曲は、アーティストや(それらの楽曲がアルバムに収録されている場合には)アルバムにとって欠かせない存在だった。

ジョージ・ハリスン(George Harrison)がソロとして活動していた間、素晴らしいB面トラックが幾つも生まれ、その他にもアルバムには収録されなかった、シングル盤のみで発売された隠れた名曲も存在する。この記事ではレアなB面曲を含む、ジョージ・ハリスンの最高傑作5曲をピックアップしてプレイリストとして紹介しよう。

<関連記事>
クイズ:何年のジョージ・ハリスンでしょうか?
ジョージ・ハリスンのソロ20曲


1. What Is Life

誰もが知っている通り、ジョージ・ハリスンのデビュー・シングル「My Sweet Lord」はイギリスを除く世界各国で「Isn’t It A Pity」と共にダブルA面として発売された。その後、遅れながらも1971年1月15日に、母国の人々の要望に応えるべく、「What Is Life」とカップリングされた「My Sweet Lord」がイギリスでもリリースされた。

「What Is Life」は、イギリス以外の国で「My Sweet Lord」に続くシングルとしてアップル・レコードから発売されており、そのB面には、同じくアルバム『All Things Must Pass』に収録の「Apple Scruffs」が収められた。この曲はビートルズ・ファンの中でも最も忠誠心溢れるファン“Apple Scruffs”に捧げた1曲だった。

 

2. Deep Blue

1971年発売の「Bangla Desh」は比較的一般的な形式に落ち着き、そのB面にはアルバム未収録曲「Deep Blue」が収められた。この「Deep Blue」は、末期がんで入院中の母親を見舞った時の感情からインスパイアされた、非常に心を打つ内容となっている。

さらに「Bangla Desh」に続いて発売された「Give Me Love (Give Me Peace On Earth)」にもアルバムに未収録のウィットに富んだ「Miss O’Dell」がB面として収録された。この曲で歌われている女性(クリス・オーデル)は元アップル・レコードの社員のことで、後にデレク・アンド・ザ・ドミノスやザ・ローリング・ストーンズなど多くのバンドの“仲介者”や“まとめ役”として活躍した。

1974年に、新たなアルバムのタイトル・トラックで、シングルとして発売されたアメリカ盤「Dark Horse」のB面トラック「I Don’t Care Anymore」もアルバムに収録されたことのない1曲だ。一方でイギリス盤にはB面としてアルバムのオープニングを飾る「Hari’s On Tour」が収録。アルバム『Dark Horse』からの次のシングルとして発売された「Ding Dong, Ding Dong」では、それらのB面トラックが入れ替えられた。

『Extra Texture』に収録の美しいシングル「You」のB面には、同アルバムからの「World Of Stone」が選ばれた。珍しいことに『Extra Texture』からの次のシングル「This Guitar (Can’t Keep from Crying)」のB面には、『Dark Horse』からの「Maya Love」が収録されることになった。

 

3. Learning How To Love You

1976年に『Thirty Three & 1/3』のリード・シングルとして「This Song」が発売され、同アルバムに収録されている美しい「Learning How To Love You」がB面として収録。イギリス盤シングル「It’s What You Value」には、『Thirty Three & 1/3』のオープニング・トラック「Woman Don’t You Cry For Me」がB面として収められた。

「Blow Away」は、1979年に発表されたジョージ・ハリスンのセルフタイトル・アルバムからのシングルで、イギリスでは「Soft Touch」がB面に、アメリカでは「Soft-Hearted Hana」がB面として収録された。両トラックとも同アルバムからの楽曲である。

 

4. Writing’s On The Wall

アルバム『Somewhere In England』から、驚異的な成功を収めたシングル「All Those Years Ago」のB面として、ジョージ・ハリスンが生んだ最も素晴らしいB面トラックの一つである刺激的な楽曲「Writings On The Wall」が収められた。

1961年にステレオズが発表した「I Really Love You」のカヴァー曲がアルバム『Gone Troppo』からのセカンド・シングルとなり、B面には同アルバムの収録曲で、ジョージ・ハリスンが1968年にザ・ビートルズのメンバーと一緒に、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーから超越瞑想を学んだ時に書いた「Circles」が収められた。

 

5. Zig Zag

1987年の『Cloud Nine』からのシングル「When We Was Fab」のB面には「Zig Zag」が選ばれた。ジョージ・ハリスンとジェフ・リンが映画『上海サプライズ』のために書いた1曲で、アルバムには収録されていない。

ジョージ・ハリスンが亡くなった2ヶ月後となる2002年1月に、シングル「My Sweet Lord」が再リリースされた。3曲を収録したチャリティCDには、1970年から1971年にかけてヒットを記録した「Let It Down」のオリジナル・ヴァージョンと共に、繊細で美しいアコースティック・ヴァージョンも収録され、ジョージ・ハリスンのB面トラックを紹介するこの記事を締めくくるには相応しい楽曲と言えるだろう。

Written By Richard Havers




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version