(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ルーファス&チャカ・カーンの20曲:ソウルフルでファンキーな歴史

Published on

Rufus & Chaka Khan

1970〜1980年代、チャカ・カーンを有名にしたシカゴのバンド、ルーファスほどソウルフルでファンキーなバンドは殆どいなかった。約10年のレコーディングとライヴの日々を通して、彼らは5曲でR&Bチャート1位を達成し、その他にも様々な忘れ難いシングル曲とアルバムの数々を発表し、彼らのリード・シンガーがソロで成功する道を作ったのである。ルーファス&チャカ・カーンを、20曲のプレイリストで祝うことにしよう。

rufus-chaka-khan

アメリカン・ブリード(最初はスモークという名前で、後にアスク・ルーファスに改名)というロック・バンドのメンバー達が始めたこのバンドは、ABCレコードと契約後、道を誤ったスタートを切った。1973年、アルバム『Rufus』は、キーボーディストのロン・ストッカートと、ギタリストのアル・シナーによる新しい曲と、他の作曲家による曲の数々で、彼らの卓越した演奏力とチャカ・カーンの魅惑のヴォーカルを披露してみせた。しかしながら、大勢のリスナーを熱狂させることはできず、アラン・トゥーサンの「Whoever’s Thrilling You ( Is Killing Me)」のカヴァーがR&Bチャートのトップ40に入っただけであった。

しかし1974年のセカンド・アルバム『Rags To Rufus』で、状況が変わった。R&Bチャートとポップ・チャートの両方でトップ5に入る2曲の大ヒット曲を手にしたのである。スティーヴィー・ワンダーの「Tell Me Something Good」の魅惑のカヴァーは、両チャートで3位を記録し、このプレイリストのオープニングを飾っている。その後に続く曲が、R&Bチャートで1位を獲得した「You Got The Love」だ。チャカ・カーンの桁外れの歌唱力を示す2曲に続けて、彼らの多様な楽器の演奏力を強調するために、インストゥルメンタルのアルバムのタイトル・トラックもリストに入れた。

わずか7ケ月後に発表されたアルバム『Rufusized』も同じく成功し、大ヒット曲の「Once You Got Started(邦題:愛の炎)」を、それに続く内省的な「Please Pardon Me (You Remind Me Of A Friend) 」が補完した。また、ボビー・ウーマックの「Stop On By」のカヴァーも素晴らしい仕上がりだった。

チャカ・カーンが、全米を代表するソウル・シンガーとして自らを確立したところで発表された次のアルバム『Rufus Featuring Chaka Khan』は、上昇し続ける彼女の名声を反映していた。このアルバムから新たにR&Bチャート1位の「Sweet Thing」が生まれた。そして、その曲ほどの知名度はないが、適度にファンキーなビー・ジーズの「Jive Talkin’」のカヴァーも収録されていた。

Ask Rufus

これら3枚のアルバムが全てアメリカでゴールド・ディスクに認定されたのに対し、『Ask Rufus』はプラチナムというさらなる商業的成功を収めた。そして、最新のベストセラー・ソウル曲「At Midnight (My Love Will Lift You Up)」を生み落とした。その後も「Hollywood」と「Everlasting Love」とヒット曲が続き、彼らは自らの偉大な音楽性を損なうことなく、無理のない変遷を遂げて、ディスコ時代に突入した。

1978年発表の『Street Player』には全米3位のソウル曲「Stay」が収録されており、このアルバムもゴールドになった。しかし、同年、チャカ・カーンは必然的にソロ・キャリアに乗り出した。ソロ・アルバムの『Chaka』は、アシュフォード&シンプソンの代表曲「I’m Every Woman」と共に、素晴らしいスタートを切った。

驚きではなかったが、チャカ・カーンが抜けたことで、1979年の『Numbers』でのルーファスの成功は萎んでしまった。しかし、チャカ・カーンは彼らを放っておかなかった。同年の後半、ファースト・ソロ・アルバムの後に彼女はバンドに戻り、『Masterjam』をレコーディングした。案の定、いつもの恩恵が戻ってきた。この作品はR&Bアルバム・チャートで首位を達成し、ルーファスとチャカ・カーンが作曲した「Do You Love What You Feel(邦題:愛のてごたえ)」は、新たなR&Bナンバー1ソングとなった。

しばらくの間、チャカ・カーンはソロとグループの両方での活動を続けた。彼女は1981年の『What Cha’ Gonna Do For Me』で再びソロで大成功したが、同年発表されたルーファスの『Party ‘Til You’re Broke』には参加していなかった。しかし、1981年末に発表された『Camouflage』では、再び復帰している。

Seal In Red Rufus

1983年、ルーファスは、11枚目の最後のアルバム『Seal In Red』で、スタジオでのレコーディング活動を終えた。だが、その6ケ月後の最適な時期に、ライヴ盤『Stompin’ At The Savoy- Live』が発表された。このライヴ盤の3面までは、その前年にニューヨークの有名な会場で録音された曲だが、4面には新しいスタジオ曲が収録されており、その内のひとつ、「Ain’t Nobody」はルーファスの最後の曲として、そしてチャカ・カーンの新たなキャリアのハイライトとして相応しい曲になった。

チャカ・カーンは1984年の「I Feel For You」以降、ソロ・キャリアに集中した。世界中のチャートで首位を獲得したプリンスのカヴァー曲で、メリー・メルが彼女の名前をラップし、スティーヴィー・ワンダーが極上のハーモニカを加えている。この大ヒット曲で、素晴らしいリード・シンガーと偉大なバンドを祝う20曲のリストを締めくくろう。

♪ プレイリスト『Rufus & Chaka Khan In 20 Songs』 


“DISCO FEVER 40” 全100タイトル 

■『ルーファス』『ラグズ・トゥ・ルーファス』『ストリート・プレイヤー』

■『カムフラージュ』『マスタージャム』『パーティー・ティル・ユーアー・ブローク』  


『レッツ・ディスコ~ザ・ベスト・オブ・ディスコ・ヒッツ』 発売中!

♪ ベスト・オブ・ディスコのプレイリスト『DISCO FEVER』公開中!


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss