(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

reDiscover:トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Damn The Torpedoes / 破壊』

Published on

Tom Petty And The Heartbreakers Damn The Torpedos Album Cover - 530

フロリダ出身の前途有望なシンガーソングライターのトム・ペティは最初に結成したバンド、マッドクラッチで「Depot Street」という45回転シングルをレオン・ラッセルとデニー・コーデルのレーベル、シェルターから1975年に発売した。

Heartbreakers late 70s - 300

しかしレーベルとそのスタッフとの問題が原因で色々な変更を経て、1976年初期にトム・ペティとマッドクラッチのメンバーのマイク・キャンベル(リード・ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)は新たなバンド、ザ・ハートブレイカーズを結成。新しくベーシストのロン・ブレアとドラマーのスタン・リンチが加わり結成されたザ・ハートブレイカーズは、ライヴを積極的に行い、1976年のセルフ・タイトル・アルバム『Tom Petty and the Heartbreakers』からのセカンド・シングル「Anything That’s Rock’n’Roll」がUKトップ40にランク・インすると、すぐに世界的に評価されるようになった。

母国アメリカではなかなか成功を手に入れることのできなかったザ・ハートブレイカーズだったが、1978年の2枚目のアルバム『You’re Gonna Get It!』が正当に評価されゴールド・ディスクを獲得して商業的成功を収めた。しかし、シェルターとその配給業者ABCレコーズが1979年にMCAに買収され、彼らの活動は危うく阻止されそうになった。結果として長引く法定争いに発展し、トム・ペティはその後バンドがリリースする作品の製作と配給をMCAに任せるが、 出版権を保持しバックストリート・レーベルを立ち上げる権利を得る契約を結んだ。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズは1979年10月に3枚目アルバム『Damn The Torpedoes』をリリース。アルバム・タイトルは、アメリカ南北戦争の海戦中、大量の機雷があって躊躇する船員に対して艦長が発した「Damn the torpedoes, full speed ahead! / 機雷がなんだ、全力全身突き進め!」からとられている。目の前の危機を乗り越えて大勝利を収めた艦長のように、トム・ペティとメンバーたちがただ生き延びるだけではなく、長期間に渡って成功を手に入れるバンドであることを示しているかのようだ。

タフだけど情け深い、ブルー・カラー・ロックン・ロール作品の前作『You’re Gonna Get It!』を洗練させたサウンドの『Damn The Torpedoes』は、流行するパンクとニュー・ウェイヴのエネルギーを取り入れているが、同時に照れるほどにラジオ・フレンドリーな曲が豊富で、ブルース・スプリングスティーン/パティ・スミスの作品に携わったジミー・アイオヴィンの新鮮なプロダクションが更に作品を素晴らしく仕上げている。

Tom Petty And The Heartbreakers Don't Do Me Like That Single Artwork - 300

一貫性があり的確なメロディの『Damn The Torpedoes』は、アメリカにて2枚のメジャー・ヒットを生み、ソウル調の病み付きになる「Don’t Do Me Like That」とタフで勢いのあるロック・ソング「Refugee」の両曲は全米シングル・チャートのトップ20入りを果たした。しかしアルバム全体を通してヒットになりそうな曲が幾つも散りばめられており、トム・ペティの多才さを証明している。60年代調のポップ・ソング「Shadow Of A Doubt (A Complex Kid)」、堂々としたバーで流れそうなロック・ソング「What Are You Doin’ In My Life?」、もしくは罪滅ぼしするボブ・ディラン調のバラード「Louisiana Rain」など。

評論家たちはすぐにバンドの信念を支持し、影響力のあるローリング・ストーン誌のレヴューは、トム・ペティのアルバムは“我々が待ち望んでいた”作品と評している。1979年の冬にザ・ファビュラス・プードルズと回った広範囲に及ぶアメリカ・ツアーの効果もあって『Damn The Torpedoes』は北米でトリプル・プラチナ・ディスクを獲得し、ピンク・フロイドの数百万枚売れた伝説的ダブルLP『The Wall』が同時期に発売されていなければ全米アルバム・チャートの名誉ある1位の座をとっていただろう。

Written By Tim Peacock



reDiscover:トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Damn The Torpedoes』

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Damn The Torpedoes』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic


Tom Petty And The Heartbreakers Studio Albums Vol 1 - 300

『Damn The Torpedoes』入ったレコード盤ボックスセット
『The Studio Album Vinyl Collection 1976-1991(9LP BOX)【輸入盤】』

btn_store_link

♪ トム・ペティの代表作「Free Fallin’」や「I Won’t Back Down」を含むプレイリスト『Rock Icons』を聴く:Spotify

 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss