(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

レイ・チャールズのイギリス最初のヒット曲「Hit The Road Jack」

Published on

ヨーロッパの音楽ファンは、そのものズバリ”天才 / Genius”というニックネームを持つ天才ミュージシャン、レイ・チャールズに気づくのが少々遅かった。しかし1961年10月21日、レイ・チャールズは「Hit The Road Jack(邦題:旅立てジャック)」で全英シングル・チャートのトップ10に向けて初めて上昇し始めた。

レイ・チャールズがアメリカのポップ・チャートで初めて大ヒットを出したのは1959年のこと。実に魅力的な即興R&Bサウンドの曲「What’d I Say」が全米チャートのトップ10にまで駆け上がったのである。ただしこの曲はアメリカ以外の国(特にイギリス)ではチャート入りしなかった。

1960年11月、レイ・チャールズはさらに大ヒット曲「Georgia On My Mind(邦題:我が心のジョージア)」をリリースし、同曲は全米ポップ・チャートの1位を獲得した。「Georgia On My Mind」はホーギー・カーマイケル&スチュアート・ゴレル作のスタンダード曲だったが、このレイ・チャールズのヴァージョンが決定版となった。このシングルで彼は初めて全英チャートに登場するが、そちらでは最高24位にまでしか到達しなかった。翌1961年の前半、レイ・チャールズはクローヴァーズの「One Mint Julep」のカヴァーでまたもや全米ポップ・チャートのトップ10入りを記録。これもまたアメリカ以外ではチャート入りしていない。

Ray-Charles-Hit-The-Road-Jack-556985しかし61年の秋、レイ・チャールズは世界的なヒット・レコードを出すことになる(このころになるとアメリカでの契約先はABC/パラマウントになっていたが、英国盤はHMVから出ていた)。シングル「Hit The Road Jack」は、前の週にレイ・チャールズにとって2度目の全米チャート1位獲得曲となっていた。そしてこの週には全英チャートにも姿を見せ、最終的には6位にまで到達。この曲はパーシー・メイフィールドが作った作品で、アニマルズからレジデンツに至るまでありとあらゆるアーティストが取り上げている。しかし、レイ・チャールズとレイ・チャールズのコーラス隊であるレイレッツのマージー・ヘンドリックスが繰り広げる陽気な掛け合いに太刀打ちできる者はどこにもいない。

この曲で、レイ・チャールズは世界的なスターとして認められることになった。続く「I Can’t Stop Loving You(邦題:愛さずにはいられない)」は1位を獲得し、さらに「You Don’t Know Me」のヒットでレイは3枚連続トップ10入りという記録を打ち立てる。彼はついにイギリスをも掌中に収めたのだった。

Written by Paul Sexton



レイ・チャールズ / ライヴ・インコンサート~ウィズ・ザ・エドモントン・シンフォニー【DVD】

ライブDVD好評発売中

レイ・チャールズ『ライヴ・インコンサート~ウィズ・ザ・エドモントン・シンフォニー』

btn_store

 


uDiscoverのレイ・チャールズ オフィシャル・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss