(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

オハイオ・プレイヤーズが全米1位を獲得した「Fire」のチャートアクション

Published on

グループ名の由来にもなったオハイオ州デイトン出身のファンク&ソウルのグループ、オハイオ・プレイヤーズは、1974年当時とてもホットなグループだった。その前年シングル「Funky Worm」はR&Bチャートのトップに上り詰め、ポップ・チャートでもトップ15入りとクロスオーヴァーでの成功を掴んだ。そして、彼らは、新しい成功作「Skin Tight」でもう一度両方の観衆を獲得しようとしていた。

同名のアルバム『Skin Tight』は4月にチャート入り、シングル「Skin Tight」が全米シングル・チャート・デビューを果たす5週間前に、ソウルのベスト・ヒットへと上昇を始めた。9月8日、新しいシングル「The Bitch Is Black」でアメリカのチャートに居座っていたエルトン・ジョンよりも18位も高い、その週の最も高順位でチャート入りした新曲として45位を獲得していた。

ポール・アンカが「(You’re) Having My Baby」で首位を守り抜いていたチャートには、ライチャス・ブラザーズの新曲「Give It To The People」や、ステッペンウルフの「Straight Shootin’ Woman」も肩を並べていた。その年の最も独創性あふれるノヴェルティ・シングル曲のひとつにリユニオンの早口言葉風な「Life Is A Rock (But The Radio Rolled Me) (邦題: ロックは恋人)」があり、その曲もその週の全米シングル・チャートに登場、8位を目指して上昇していた。

その間、「Skin Tight」は2週目にトップ40に進み、10月には2週間、13位をキープ。そして年末になるころには、別のシングル曲「Fire」がポップとソウルのチャートに登場し、その両方で首位を獲得し、オハイオ・プレイヤーズの勢いは実に燃え上がっていた。1976年の夏までのわずか3年余りの間で、彼らは有力な5つシングルでソウル・チャートのトップを獲得した。

Ohio Players – Fire • TopPop

オハイオ・プレイヤーズ / スキン・タイト【生産限定盤】【CD】

『Skin Tight』

uDiscoverのソウル・シングル・プレイリストをSpotifyで聴く

Written by Paul Sexton


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss