(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

N.E.R.D『In Search Of…』:ジャンルを超えたヒップホップ・アルバムの旗手となったデビュー作

Published on

2001年8月6日にN.E.R.Dがデビュー・アルバム『In Search Of…』をリリースして以来、ラッパーたちは(そしてラッパーではない人たちも)自分たちのラップ・ロック・クラシックを追いかけてきた。

性行為やストリップ・クラブに関する曲から、赤いバラや高校時代の恋の思い出を歌ったクラシックな曲まで、次々と登場する真面目でファンカデリックなハイブリッド曲を収録した『In Search Of…』は、あらゆるジャンルを網羅するヒップホップの力を象徴している。

このアルバムが特異なのは、彼らが世界の舞台でスターになる前のN.E.R.Dを捉えているからだけでなく、ジャンルを超えたヒップホップ・アルバムの旗手として、捉えどころのない存在であり続けるからだ。

<関連記事>
ファレル・ウィリアムス: N*E*R*Dからトッププロデューサーへの経歴 
政治的で社会性を持つコンシャス・ヒップホップ、2010年代のベスト20曲
スヌープ・ドッグのベスト20曲

N.E.R.D. – Rock Star

N.E.R.Dはヒップホップに多大な影響を与えたが、ファレル・ウィリアムスを有名にしたというわけではない。ファレルはソロ活動とともに、チャド・ヒューゴとともに多作なプロダクションデュオ、ザ・ネプチューンズの片割れとしても有名で、彼は公の場では控えめなアプローチを好んでいた。1991年にサイドプロジェクトを始めることにした二人は、幼なじみのシェルドン・ヘイリーをN.E.R.D(No-One Ever Really Dies)に迎え入れた。

ファレルはグループの顔ではあったが、アルバム『In Search Of…』のオリジナル・カバーに登場するのはシェルドン・ヘイリーで、彼はソファに座ってプレイステーションをプレイしている写真が使われている。ケリスやザ・クリプスでさえも、このアルバムに関わった誰も、事態がそれほど大きくなるとは想像していなかっただろう。『In Search Of…』は、ファレルとネプチューンズが関わることになる最初の才能のタイムカプセルのような存在である。

 

オリジナルのアルバムとロック・ヴァージョン

『In Search Of…』は、ネプチューンズがまだ他のアーティストのキャリアを築くプロデューサーとして歯を食いしばっていた時期にリリースされた。このアルバムはヨーロッパで最初にリリースされ、ネプチューンズがプロデュースしたケリスの2001年のアルバム『Wanderland』が、アメリカでは20年近く経験できないような成功を収めた。

それから1年も経たないうちにアルバムが全世界で発売されると、N.E.R.Dはファレルとヒューゴのネプチューンズとしての作品と区別するためにプロダクションを作り直した。2002年3月12日、このアルバムの「ロック・ヴァージョン」が発売され、エレクトロニクスを多用したオリジナルのプロダクションを、ファンク・ロック・バンドのスパイモブによる生ギターとドラムの演奏に置き換えた。スパイモブはアルバムのバック・バンドを務めただけでなく、その後のN.E.R.Dのツアーにも参加している。

『In Search Of…』は、ネプチューンズがプロデュースした大物アーティストのような商業的成功を収めることはできなかったが、「Rock Star」と「Lapdance」はUKシングルチャートでそれぞれ15位と20位を獲得した。レコードを大量に動かしてはいなかったが、文化的に見れば、彼らは針を動かしていたのである。

N.E.R.D. – Lapdance ft. Lee Harvey, Vita

 

ラップとロックが融合した画期的な作品

ヒップホップがロックに傾倒したのは『In Search Of…』のせいばかりではないが、このアルバムはサウンド的にも美学的にも、00年代初頭のトレンド復活の最初の原動力の1つであったことは間違いないだろう。

2004年にはジェイ・Zとリンキン・パークが『Collision Course』で同じサウンドを追求したが、このプロジェクトは真のジャンル融合の実験というよりは、当時のマッシュアップのトレンドを代表するものに終わった。2008年、『Tha Carter III』によってリル・ウェインがアメリカで最大の造形的ロック・スターとなった後、彼は『Rebirth』でラップ・ロックに対して極めて文学的なアプローチを取った。

N.E.R.Dが次のアルバムをリリースし、ファレルがスーパースターになりつつある時期に、このようなことが起こっていることを念頭に置いておいてほしい。ネプチューンズとグウェン・ステファニーの作品は、他の多くのラッパーが単独で達成するよりもラップ・ロック・サウンドに近いものだった。『In Search Of…』の遺産はじわじわと広まっていったのだ。

N.E.R.D. – Truth Or Dare

 

他のすべてを可能にしたアルバム

たとえ他のラップ・ロック・アルバムがこれほどの賞賛を得ることがなかったとしても、『In Search Of…』はラッパーがロック・スターになる道を開いたレコードのひとつだ。それはサウンドだけでなく、ショップ・ボーイズの「Party Like A Rockstar」といった一発屋からタイラー・ザ・クリエイターによる影響力の高い「Cherry Bomb」といった未来のパイオニアまで、通常は従来のロックにしかなかった文化的意義を彼らが引き受けるようになったという点である。

N.E.R.Dのその後のリリースがそれぞれイベントのように感じられたときでも、それを可能にしたのは『In Search Of…』であった。スタイルと内容の両面で先進的なこの『In Search Of…』のタイトルは、20年後に誰もがこのアルバムのサウンドを再現しようとしていることを考えると、より先見の明があるように思われるのだ。

Am I High

Written By Patrick Bierut



N*E*R*D『In Search Of…』
2001年8月7日発売
iTunes Store / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music




 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss