史上最も物議を醸したアルバム・ジャケット20枚

Published on

エルヴィス・プレスリーが初めて腰を振って以来、ロックン・ロールの一挙一動が論争の的になってきた。しかしながら過剰に煽られた種々雑多な災難は、短期間に於いてメディアにはネタを提供する一方で、保守的な大衆を最も長い間苛立たせることにもなった。その中でも物議が醸したのは、挑発的なデザインが施されたレコード・ジャケットだった。と言うわけでuDiscoverは、史上最も物議を醸したアルバム・カヴァー20枚を追求することにした。


 

1. ザ・ビートルズ『Yesterday And Today』(1966年)

このアメリカ盤ベスト盤のジャケットには、食肉解体者の上着に身を包み、肉片とバラバラになった人形を持ったザ・ビートルズの写真が使用されていた。風刺ポップ・アートを意図したものだったこのカヴァーは、激しい憤りを引き起こし、さっさと当たり障りのないジャケットに新たに差し替えられた。アルバムは全米チャートのトップを飾った一方、キャピトルは不安の念を抱いていた販売店からオリジナル・カヴァーのコピーを50,000枚以上回収した。

 

2. ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス『Electric Ladyland』(1968年)

全米アルバム・チャート1位に輝いたジミ・ヘンドリクスの画期的なサード・アルバムのオリジナル・イギリス・エディションには元々19人のヌード女性がフィーチャーされており、論争が起き易いタイプのジャケットが使われていた。その後これはジミ・ヘンドリックス自身が不快感を示した為に替えられた。

 

3. ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『Unfinished Music No.1: Two Virgins』(1968年)

ジョン・レノンとオノ・ヨーコのアヴァンギャルドな名作のジャケットに写る自分達のヌード写真は、タイム・ディレイ・カメラで撮られた。予想通りに、このアートワークは激しい怒りを買い、販売店はアルバムを飾り気のない茶色の包装紙で売るよう促された。イギリスでプレスされたのは僅か5,000枚だった。

 

4. ザ・ローリング・ストーンズ『Beggars Banquet』(1968年)

ザ・ローリング・ストーンズが名作アルバム『Beggars Banquet』用に提出したオリジナルの“発禁”ジャケットには、グラフィティで埋め尽くされた下品な壁がフィーチャーされていたため、レコード・レーベルから却下された。当初、アルバムは招待状のようなデザインの地味な白いジャケットでリリースされた。(*後にこのヴァージョンが正式に流通することに)

 

5. ブラインド・フェイス『Blind Faith』(1969年)

写真家ボブ・サイデマンのカヴァー画像には、宇宙船のモデルを手に持ったトップレス姿の年頃の少女が登場。これは人類が月面を歩いたその夏の、人間の創造性の業績を象徴したものだった。しかしながら猛反発を受けた。『Blind Faith』のアメリカ・エディションでは、この画像はバンドの写真に取り換えられている。

 

6. ザ・ローリング・ストーンズ『Sticky Fingers』(1971年)

伝説の人アンディ・ウォーホルは、ザ・ローリング・ストーンズの強力な作品『Sticky Fingers』のアートワークの誕生に関わっていた。暗示に満ちたタイトルが反映されたイメージには、ジーンズを履いた男の股間のクローズ・アップがフィーチャーされ、オリジナル・レコード盤には実際に本物のジッパーが取り付けられていた。しかしながら販売店から、運送中にジッパーがレコードを痛めるとの苦情が来た為、ジャケットは変更されることに。

 

7. デヴィッド・ボウイ『Diamond Dogs(邦題:ダイアモンドの犬)』(1974年)

デヴィッド・ボウイの8枚目のスタジオLPには、見開きジャケットがフィーチャーされ、広げると、文字通りこのスターと犬の睾丸が描写されていた。これはジョージ・オーウェルに影響を受けたデヴィッド・ボウイがイメージした、終末後の世界を描写しようとしたものだったが、不快にさせるような性器は、1990年のEMI/Rykodisc CDリイシュ―盤で元に戻されるまでエアブラシで修正された。

 

8. ロキシー・ミュージック『Country Life』(1974年)

ロキシー・ミュージックの高評価を受けた4枚目アルバムのあからさまなジャケット・アートワークには、肌を露出したふたりのモデルがフィーチャーされ、その一方はカンのギタリスト、ミヒャエル・カローリの従姉妹だった。予想通りに、激しい怒りを引き起こし、アメリカを含む数か国で検閲されたが、それでもアルバムは全米アルバム・チャートでトップ40入りを果たした。

 

9. スコーピオンズ『Virgin Killer』(1976年)

ドイツ出身のハード・ロック・バンド、スコーピオンズの4枚目LPで使用された思春期の少女のヌード写真は、純潔を奪うものとして”時”を映し出そうとしたものだったが、結果的に道徳的怒りの矢面に立たされた。最終的には幾つかの地域では黒いプラスチック・ケースに密封され発売された。

 

10. セックス・ピストルズ『Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols(邦題:勝手にしやがれ)』(1977年)

最も論議の的となったと言っても良いだろう、セックス・ピストルズ唯一のスタジオ・アルバムは、大混乱を引き起こした。ノッティンガムに拠点を置くレコード店がショウ・ウィンドウに(“睾丸 / Bollocks”という言葉が堂々と書かれた)ジャケットを飾ったことで逮捕された後、猥褻だという理由でイギリスで裁判沙汰に発展したのだ。ヴァージンのボスのリチャード・ブランソンは、彼を弁護する為に敏腕の花形弁護士ジョン・モータイマーを雇い、最終的に起訴は取り下げられた。

 

11. ザ・スリッツ『Cut』(1979年)

ザ・スリッツのデビュー・アルバム『Cut』は、中に収録されている素晴らしい音楽同様に挑戦的だったのがその外側だ。そこには彼女達のピンナップ写真の持つ可能性をぶち壊した、戦士のような姿でトップレスで泥まみれの、この女性バンドがフィーチャーされていた。(アルバム解説はこちら)

 

12. バウ・ワウ・ワウ『See Jungle! See Jungle! Go Join Your Gang Yeah, City All Over! Go Ape Crazy!(邦題:ジャングルでファン・ファン・ファン)』(1981年)

バウ・ワウ・ワウのデビューLPのジャケットは、画家エドゥアール・マネの19世紀の油絵「草上の昼食」が基になっているが、その中でシンガーのアナベラ・ルーウィン(当時14歳)がヌードでポーズを取っていた。その結果どうなったか? そう、アナベラの母親が煽ったことでロンドン警視庁が調査に乗り出したのだった。

 

13. ディオ『Holy Diver』(1983年)

ディオの素晴らしいデビューLPには、バンドの悪魔のようなマスコット“マレー”と、鎖に繋がれた司祭が波に囲まれ、恐らくは、死に沈む瞬間がフィーチャーされている。(*キリスト教的に司祭が死ぬ絵を書くのはNG)しかしながら、フロントマンのロニー・ジェイムズ・ディオは、見掛けなど当てにならないもので、これは司祭が悪魔を殺す図だと解釈することだって同様にアリだろうと主張した。

 

14. ガンズ・アンド・ローゼズ『Appetite For Destruction』(1987年)

ガンズ・アンド・ローゼズのマルチ・ミリオン・セラー・デビュー作のオリジナル・アートワークには、ロボットのようなレイプ犯が鉄制の復讐者に罰せられようとする瞬間がフィーチャーされている。販売店にアルバムの仕入れを拒否されたゲフィンは、より論争にならないようなジャケットにレコードを入れ、不快にさせられるアートワークを中ジャケットへ移された。

 

15. ニルヴァーナ『Nevermind』(1991年)

ニルヴァーナの輝かしいセカンド・アルバムには、生後4か月のスペンサー・エルデンが赤ちゃん用プールで泳ぐ瞬間がフィーチャーされている。赤ちゃんの生殖器がはっきりと映っていたことを気に悩んだゲフィンは、エアブラシされた代わりのカヴァーを用意した。しかしニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンはオリジナル写真を残すべきだと譲らなかった。

 

16. アイス・キューブ『Death Certificate』(1991年)

足指にタグを付けた死体が描写されたアートワークは、少々オブラートに包まれていたが、その曲は麻薬取引、警察の取り締まりでの人種による差別、軍備問題を扱った歯に衣を着せぬものだった。アイス・キューブのセカンド・アルバムは法廷で争われ、オレゴンでは全州発禁という結果がもたらされた。

 

17. メガデス『Youthanasia』(1994年)

社会が若者を安楽死させていたというコンセプトが基になっている、メガデスの6枚目アルバムのカヴァーには、年配の女性が赤ちゃんを物干しロープに逆さ吊りにしているという、議論の的となるような内容が描写されていた。それでも全米アルバム・チャートで最高位4位を記録した。

 

18. ケヴィン・ローランド『My Beauty』(1999年)

その理由は彼のみぞ知るだが、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズのフロントマンのケヴィン・ローランドは、鳴り物入りで発表したカヴァー・アルバム『My Beauty』のジャケットに、女装と厚化粧で登場した。過激な新しい方向性に戸惑ったファンは、同じ服装を着て1999年のレディング・フェスティヴァルのステージに登場した彼に、一斉に瓶を投げつけた。

 

19. マリリン・マンソン『Holy Wood (In The Shadow Of The Valley Of Death)』(2000年)

このアルバムを待ち受けていたのは、アメリカの大手スーパーマーケットのウォルマートとKマートからの道徳的な怒りと発売禁止だったが、それもそのはず、ジャケットの中でマンソンは、十字架にかけられ顎の骨がぶら下がったキリストとして描かれていたのだ。

 

20. カニエ・ウェスト『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』(2010年)

5枚目のアルバムに、使用禁止となるジャケットを使いたいと願ったとされるカニエ・ウェストだが、結局この腕がなく翼をつけた女性に跨られた自分の画像をジョージ・コンドに依頼した。その後に起こった論争は痛手になることもなく、極めて意欲的なこのアルバムは、2012年にアメリカで初登場第一位に輝き、グラミー賞最優秀ラップ・アルバムを獲得した。(このアルバムは解説はこちら)

Written By Tim Peacock



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version