(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

リトル・リチャード「Keep A Knockin’」-「シャウティング・キャットのビッグ・ヒット第2弾」

Published on

62年前の今日、リトル・リチャードと彼の仲間たちには誰にも止められない勢いがあった。魅力溢れる、まさにジョージア・ピーチな彼のシングル「Keep A Knockin’」は、エヴァリー・ブラザースの「Wake Up Little Susie」(やがて1位を獲得することになる)がチャートに登場した同じ週に、ビルボードの”Top 100 Sides” (まだHot 100が始まるほぼ1年前のヒットチャートだ)で大暴れしていた。

MrRockAndRoll
当時のイギリスのファン達は、アメリカで既にリリース済みで11位のヒットを記録していたシングル「Jenny, Jenny」にようやく追いついたところだった。「Keep A Knockin’」が、本国アメリカでは1957年9月30日付でヒットチャート’R&B Best Sellers In Stores’の11位にエントリーして、その後間もなくして映画『Mister Rock ‘n’ Roll』でもフィーチャーされたことで更に勢いを得ようという時期にあった頃だ。

最新の音楽の人気ぶりに乗じて一儲けしようと、映画「Rock, Rock, Rock!」が作られた。DJのアラン・フリードを主演に起用したこの作品には、リチャードを始めチャック・ベリー、フランキー・ライモン、ブルック・ベントン、クライド・マクファターその他がカメオ出演していた。9月に行われた試写会について伝えるビルボードの記事は、「これはスウィンギング・シネマの怒涛の量産体制の第一歩だ」と評している。

「Keep A Knockin’」は、1920年代に作曲された曲で、30年代以降もルイ・ジョーダンを始め多くのアーティスト達にカヴァーされてきた曲だった。リチャードはそれを激しくワイルドにアレンジした。いみじくも、リチャードと仲良くヒットチャートに並ぶエヴァリー兄弟もこれを1959年にカヴァーしている。

Keep A Knockin LR

リチャードのこの比類なきシングルはTop 100 Sidesに65位で初登場した後に最終的に8位にまで上昇、自身が56年に放ったヒット「Long Tall Sally」に次ぐ成績を残した。ビルボードは「シャウティング・キャットのビッグ・ヒット第2弾」と書いた

しかし、この予測のつかないエンターテイナーはこれほどのヒットをものにしながら、10月12日にオーストラリアのシドニーで行われたコンサートで、ロックン・ロールから足を洗い、神に仕える道を歩むことを宣言したのだった。

Written By Paul Sexton



The Very Best of Little Richard

プレイリスト『Little Richard Best Of

 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss