50年に渡ってZZトップを支えたベーシスト、ダスティ・ヒルが72歳で逝去

Published on

Photo: Gaelle Beri/Redferns

テキサスのブルース・ロック・トリオ、ZZトップ(ZZ Top)のベーシスト、ダスティ・ヒル(Dusty Hill)が2021年7月28日に72歳で逝去した。この訃報はバンドの代理人によって伝えられた。死因は現在のところ不明。

バンドのメンバー、ビリー・ギボンズとフランク・ビアードは公式声明の中でこうコメントしている。

「我々の仲間であるダスティ・ヒルが、テキサス州ヒューストンの自宅で眠りの中で亡くなったという訃報を聞いて、我々は悲しみに暮れています。我々は、世界中のZZトップ・ファンの皆さんとともに、あなたの不動の存在、善良な性格、そしてドン底から“トップ(Top)”になるために永続的な努力を惜しみます。俺たちは永遠にあの“Blues Shuffle in C”とつながっている。寂しくなるよ、アミーゴ」

<関連記事>
ビリー・ギボンズが語るB.B.キング、ZZトップ
ビリー・ギボンズ、砂漠で録音した新作アルバム『Hardware』を語る
2021年に亡くなったミュージシャン、音楽業界の関係者たち

ダスティ・ヒルはZZトップのオリジナルのベーシストではなかったが、1971年のデビュー・アルバム『ZZ Top’s First Album』をリリースする直前に加入し、最近のアルバムやツアーでもバンドの重要な役割を果たしていた。デビューからの50年間、バンドのラインナップはダスティ・ヒル、ビリー・ギボンズとフランク・ビアードの3人だけで、ロック史上最も頼りになるトリオ・バンドとなっていた。

ダスティは、自分のバンドが成功していることに感謝することに多くの時間を費やした。生前Kerrang!誌のインタビューでこう語っていた。

「特に初期の頃は、安定した仕事があることがうれしかった。私はずっと働いてきましたが、このグループに参加する前は仕事はかなり休みがちでした。バンド活動が多かったのですが、倉庫などで働いていた時期もあります」

「だから、あんなにも(バンドとして)たくさんの仕事をあるなんて思ってもいませんでした。バンに乗って、機材の上で寝る。機材の上に寝られるだけのスペースがあって、紙袋を使って中の照明にかぶせた。ホテルに車を止めると、”ミュージシャンはダメだ、ダメだ “と言われてたね」

ダスティ・ヒルは、ロック史上最もエキサイティングなバンドのひとつになるために必要な才能についても言及した。1992年のKerrang!のインタビューでは、彼はこう話している

「私たち3人は、まずミュージシャンです。バンドを始めたとき、私がいつも望んでいたのは、自分が尊敬するミュージシャンたちからの尊敬でした。私たちはとても楽しいグループだけど、コメディアンではありません。私たちは少し軽い気持ちのミュージシャン。そういうものを全部演奏できないと、本当のローダウン・ブルースは演奏できないんだ」

Written By Will Schube



Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version