(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

デュアン・オールマンの死:24歳の若さで亡くなったオールマン・ブラザーズ・バンドの名ギタリスト

Published on

Photo: Michael Ochs Archives/Getty Images

1971年のオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)は、2枚のスタジオ作品に続き、ライブアルバム『At Fillmore East』をリリースし、初のプラチナ・レコードを獲得するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。このライヴ盤は全米アルバムチャートで46位にランクイン。そんな時、10月29日にバンドのギタリスト、デュアン・オールマン(Duane Allman)がバイク事故で死亡したという悲報が届いた。

まだ24歳の若さだったデュアンは、ツアーとレコーディングの合間を縫って、ジョージア州メイコン近郊で事故に遭った。オールマンは、西海岸でのツアーを終え、新たに東海岸でのツアーを準備していたころだった。

<関連記事>
グレッグ・オールマンの一生:サザン・ブラッドの兄弟を偲んで
オールマン・ブラザーズが名声を確立したライブ盤『At Fillmore East』

The Allman Brothers Band – Whipping Post – 9/23/1970 – Fillmore East (Official)

米ビルボードの記事は当時このようにこの悲報を伝えていた。

「警察の報告によると、彼はトラクター・トレーラとの衝突を避けようとしてオートバイをコントロールできなくなったようだ。彼は事故から3時間後、ミドル・ジョージア・メディカル・センターの手術台の上で死亡した」

皮肉なことに、同じ号のビルボードでは、フィルモア・イーストのアルバムがゴールド・ディスクに認定されたことが報じられていた。

2014年、デュアンの娘ガラドリエルは、父についての本『Please Be With Me』をSpiegel & Grau社から出版。この本には、当初、家族は彼が助かると言われていたのに、オールマンは手術を乗り越えることができなかったという知らせに押しつぶされた病院での光景が描かれています。

デュアンの死を悼んだ後、バンドはストイックに活動を続け、その悲劇から数か月、スタジオとライヴを合わせた画期的な作品『Eat A Peach』を1972年2月12日にリリース。しかし、多くのファンが知っているように、1972年末、ベリー・オークリーがデュアンの事故現場からわずか3ブロックしか離れていない場所で同様の事故で亡くなるという悲劇が再びバンドを襲った。

しかし、亡くなったメンバーの記憶は、オールマン・ブラザーズ・バンドがアメリカ音楽界のパンテオンの中で疑うことなく存在していることによって、今も祝われ続けている。

Written by Paul Sexton



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss