最高のジャズ・アルバム・ベスト50

Published on



年の終わりにその一年を振り返るのは最高の瞬間だ。というわけで我々は、最高のジャズ・アルバム50選の決定版リストを作成することにした。不可能なことだと思われるだろうし、実際その通りだろう。しかし自分達のお気に入りを考える代わりに、ウェブにじっくり目を通しながら、どのようなリストが存在するのかを確認して、そこへ自分達の調査結果を組み合わせることにしたのだ。

いつのように我々はみんなからの反論を待っている。時には強烈なものも。とにかく、いつものようにみなさんのご意見を。

検索に数日かかったが、さあ最高のジャズ・アルバム50枚をご覧あれ…

(*本記事およびリストは本国uDiscovermusicの翻訳記事です)


50. セロニアス・モンク『Genius of Modern Music vol.1 & 2.』

49. カウント・ベイシー『The Original American Decca Recordings』

48. バド・パウエル『The Amazing Bud Powell Vo.1』

47. ウェザー・リポート『Heavy Weather』

46. ジョン・コルトレーン&セロニアス・モンク『 At Carnegie Hall』

45. ホレス・シルヴァー『Song For My Father』

44. グラント・グリーン『Idle Moments』

43. カウント・ベイシー『The Complete Atomic Basie』

42. ハンク・モブレー『Soul Station』

41. チャーリー・クリスチャン『The Genius of the Electric Guitar』

40. アート・ペッパー『Art Pepper meets the Rhythm Section』

39. ジョン・コルトレーン『My Favourite Things』

38. ベニー・グッドマン『At Carnegie Hall 1938』

37. ウェス・モンゴメリー『The incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery』

36. ジョン・マクラフリン&マハヴィシュヌ・オーケストラ『Inner Mounting Flame(邦題:内に秘めた炎)』

35. クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ『Clifford Brown & Max Roach』

34. アンドリュー・ヒル『Point of Departure』

33. ハービー・ハンコック『Head Hunters』

32. デクスター・ゴードン『Go』

31. サラ・ヴォーン『With Clifford Brown』

30. ザ・クインテット『Jazz at Massey Hall』

29. ビル・エヴァンス・トリオ『Waltz For Debby』

28. リー・モーガン『The Sidewinder』

27. ビル・エヴァンス『Sunday at the Village Vanguard』

26. セロニアス・モンク『Brilliant Corners』

25. キース・ジャレット『The Koln Concert』

24. ジョン・コルトレーン『Giant Steps』

23. ハービー・ハンコック『Maiden Voyage(邦題:処女航海)』

22. デューク・エリントン『Ellington at Newport』

21. セシル・テイラー『Unit Structures』

20. チャーリー・パーカー『Complete Savoy and Dial Studio recordings』

19. マイルス・デイビス『Birth of the Cool(邦題:クールの誕生)』

18. アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『Moanin』

17. アルバート・アイラー『Spiritual Unity』

16. エリック・ドルフィー『Out To Lunch』

15. オリヴァ―・ネルソン『The Blues and the Abstract Truth(邦題:ブルースの真実)』

14. エロル・ガーナ―『Concert By the Sea』

13. ウェイン・ショーター『Speak No Evil』

12. スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト『Getz/Gilberto』

11. ルイ・アームストロング『Best of the Hot 5s and 7s』

10. ジョン・コルトレーン『Blue Train』

9. マイルス・デイヴィス『Bitches Brew』

8. ソニー・ロリンズ『Saxophone Colossus』

7. キャノンボール・アダレイ『Somethin’ Else』

6. チャールス・ミンガス『The Black Saint and the Sinner Lady(邦題:黒い聖者と罪ある女)』

5. オーネット・コールマン『The Shape of Jazz to Come(邦題:ジャズ来たるべきもの)』

4. チャールス・ミンガス『Mingus Ah Um』

3. デイヴ・ブルーベック・カルテット『Time Out』

2. ジョン・コルトレーン『A Love Supreme(邦題:至上の愛)』

1. マイルス・デイヴィス『Kind of Blue』


Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version