ウィークエンド本人公認、インドネシアのRainych Ranによる「Blinding Lights」日本語カバーが話題に

Published on

Rainych Ran YouTube Channel

インドネシアのシンガーRainych Ranが投稿したザ・ウィークエンド(The Weeknd)「Blinding Lights」の日本語カバー動画を、ザ・ウィークエンド本人が気に入ってSNSに投稿したことで話題となっている。

<関連記事>
ザ・ウィークエンドの20曲:アンダーグラウンドから頂点へと昇りつめた異端児
ザ・ウィークエンド『After Hours』は、いかにしてコロナ時代のサントラとなったか?

Rainych Ranは、インドネシアのシンガーで、2016年頃から日本のアニメの主題歌やJ-POPを中心にカバーをYouTubeにアップしており、現在のYouTubeの登録者数は110万人を超える人気がある。特に、今年3月にアップしたドジャ・キャットの「Say So」の日本語カバーは、ドジャ・キャット本人がInstagram Liveで紹介したことでも話題となりその動画は現在までに1500万再生を超えている。

「Blinding Lights」の日本語カバーは、2020年8月21日に投稿され、ザ・ウィークエンド本人は気づき、自身のSNSで紹介しTwitterでは「これ大好き!最高!」とツイートしている。

そんなザ・ウィークエンドは8月31日に行われたMTV Video Music Awardsのオープニングで「Blinding Lights」を披露。授賞式では「最優秀ビデオ賞/Video Of The Year」「最優秀R&Bビデオ賞 / Best R&B」の2冠を獲得している。




ザ・ウィークエンド『After Hours』
2020年3月20日発売
CD&LP / iTunes /Apple Music / Spotify



Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version