テイラー・スウィフト、ビヨンセ、デミ・ロバート、BTSらがYouTube主催のヴァーチャル卒業式「Dear Class Of 2020」に出演決定

Published on

新型コロナウイルスの影響で卒業式が中止となった全ての高校生や大学生のために、YouTubeが主催するヴァーチャル卒業式「Dear Class Of 2020」の出演者に、新たにテイラー・スウィフト、ビヨンセ、デミ・ロヴァート、フィニアス・オコネル、ジェニファー・ロペスらが追加された。

2020年6月6日に開催される同セレモニーには、バラク・オバマ前大統領やミシェル・オバマ前大統領夫人をはじめ、アーティストや思想家、政治家、インフルエンサーなど、多種多様な著名人たちが出演し、卒業式のスピーチやパフォーマンスを行う予定だ。

 

日本時間6月7日午前4時から数時間にわたって生配信される予定のこのセレモニーは、ミシェル・オバマによる、全米の学生が教育の役割を受け入れ、高校を修了して大学に通うことを奨励する教育的取り組み「Higher Reach Initiative」制作の映像コンテンツから開幕し、ビル&メリンダ・ゲイツ夫妻、NBA選手のケビン・デュラント、TV司会者のアンディ・コーエン、シアラ、女優のヤラ・シャヒディ、元NFL選手のマイケル・ストレイハンに加え、ニッキー・チュートリアルズ、エマ・チェンバレン、ジョン・グリーン、マーク・ローバーら人気YouTuberたちの参加も予定されている。

BTSは、スピーカーとしての登壇に加え、ドージャ・キャット、CNCO、ミーガン・ジー・スタリオンと共に同セレモニー後に開催されるヴァーチャル・アフターパーティーに出演する他、カミラ・カベロ、リゾ、クロイ&ハリー、マルマらがセレモニー中のパフォーマーとして登場する予定だ。

さらに、以前に発表されていた出演者には、人権運動家のマララ・ユスフザイ、アリシア・キーズ、コンドリーザ・ライス元国務長官、GoogleとGoogleの親会社であるAlphabetの最高経営責任者、サンダー・ピチャイ、ケリー・ワシントン、ゼンデイヤ、ロバート・M・ゲーツ元国防長官らが含まれてる。

このヴァーチャル卒業式に向けて、全米の卒業生を対象に、お気に入りの教師への感謝や学校での思い出、日頃から応援してくれている家族の姿を撮影した動画など、様々なカテゴリーで動画を募集している。応募締め切りは5月22日で、選ばれた動画は放送中に上映される。

この「Dear Class Of 2020」に出演を予定しているテイラー・スウィフトは、新型コロナウイルス感染拡大を受けての隔離期間中、様々なコンテンツを発信し、ファンを楽しませることに多忙な日々を送っている。つい先日は、特別番組『City of Lover Concert』がABCでプレミア上映された。同映像は、昨年9月にパリのオランピア劇場で行なったコンサートの模様を収めたもので、2019年のアルバム『Lover』に収録のほぼ全曲のパフォーマンスを披露している。この特別番組『City of Lover Concert』は、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーの動画配信サービス、Disney+で配信中となっている。

また、このライヴ映像の公開にあわせて、最新作『Lover』から、「ME!」「You Need To Calm Down」「Death By A Thousand Cuts」「The Archer」「Daylight」「Cornelia Street」、そしてタイトル曲のライヴ音源がストリーミング・サービスで配信スタートしている。

Written By Sophie Smith



テイラー・スウィフト『Lover』
CD&限定版 / iTunes


 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version