クイーン+アダム・ランバートが9月にラスヴェガスのパークMGMのパーク・シアターで10日間限定のライヴ“The Crown Jewels”を発表

Published on

クイーン+アダム・ランバートがこの秋ラスヴェガスをロックする。10日間限定で行われる“The Crown Jewels”をラスヴェガスのパークMGMのパーク・シアターで開催する。ライヴは9月1日、2日、5日、7日、8日、14日、15日、19日、21日と22日に行われ、全公演20:00開演。9月8日(土)のパフォーマンスは、ラスヴェガスの元市長であるオスカー・グッドマンが2004年に制定したクイーン・デイにあたる。

“The Crown Jewels”のチケットは$79から$350の間で販売(適用されるサービス料など含まず)、限られた数量ではあるがオンステージの席もあり、5月11日午前10時よりチケットマスターのウェブサイトで販売を開始する。また、数量限定でVIPパッケージも用意される。

クイーンとアダム・ランバートのファンクラブ・メンバーはともに、一般発売の前の5月8日午前10時(太平洋標準時刻)からチケットを購入することが可能。M Lifeリワード・メンバーとライヴ・ネイションとチケットマスターの顧客を対象に、5月9日(水)午前10時太平洋標準時刻から5月10日22:00まで前売りで販売が行われる。M Lifeリワード・プログラムへの加入や、詳細情報についてはMGMリゾートのウェブサイトでご覧ください。

クイーン+アダム・ランバートが最初に共演したのは2009年5月のテレビ番組『アメリカン・アイドル』であり、その時から長い道のりを共に歩んできた。それ以来、批評家にも好評なこのクリエイティヴなパートナーシップは世界的な現象となり、世界各国で150回以上もの公演を行なっている。スタジアムやフェスを埋め尽くすクイーン+アダム・ランバートの圧巻のライヴは誰しもが称賛した。

 

特別に作られた“The Crown Jewels”のショウについて、クイーンのブライアン・メイは「ラスヴェガスを圧倒するという究極のチャンレンジに挑む準備はできてるぜ!」と話した。

バンドメイトのロジャー・テイラーも同じく積極的で、「ラスヴェガスのストリップをロックすることを楽しみにしているよ」と話し「大胆で並外れた才能をもつアダム・ランバート」と褒め称えた。

さらにアダム・ランバートは「ストリップで“The Crown Jewels”をシェアできることを楽しみにしているよ。みんな一晩中歌ってると思うよ」と話した。

オリジナルのクイーンが前例のない高みを達成し、観客数の記録を打ち壊してきたが、クイーン+アダム・ランバートも同様だ。2012年にヨーロッパでの初めてのフル・ライヴはキエフで行い、50万人の前で見事なデビューを果たした。ブラジル、ポルトガル、そして日本での近年のライヴでは常に1公演に最大で8万人が来場している。

しかしクイーン+アダム・ランバートは決して栄光に満足するバンドではない。2017年の夏に北米ツアーを行い、1977年10月にリリースされ、今までで最も売れたスタジオ・アルバムである『News Of The World』の40周年を祝うべく、新しい最先端のプロダクションを制作した。ツアーは2017年末までヨーロッパとイギリスでも行われ、2018年初めにはオーストラリアとニュージーランドで敢行した。

クイーン+アダム・ランバートを最初に本当に歓迎したのは北米の観客であり、世界中でアリーナを埋め尽くすほどの成功へと導いた。2014年の夏にアメリカとカナダで24公演行い、世代を超えたスーパー・グループは全日程を完売しただけでなく、のちに第10回クラシック・ロックのロール・オブ・オナー・アワードを受賞、そしてアルティメット・クラシック・ロックの読者投票で年間最優秀ライヴ・バンドを獲得した。それ以降、再起したクイーンと眩いほどの新たなフロントマンの勢いは止まることを知らなかった。

クイーン+アダム・ランバートの魅力的な2018年のライヴは、世界でも最先端のクリエイティヴたちによってバンドに合わせてカスタマイズされている。デザインとプロダクションはピンク・フロイド、ザ・ローリング・ストーンズやU2などのアーティスト、そして2008年の北京オリンピックの開会式と閉会式など、革新的な作品で知られるエンタテインメント・アーキテクツ・ストゥフィッシュ・プロダクションのリック・リプソンが制作を務める。

ライヴ中に300以上ものムーヴィング・ライトを駆使するのは、アデル、ピーター・ガブリエルやカイリー・ミノーグなどのメジャー・アーティストのツアーを担当し、大変評価の高い照明デザイナーのロブ・シンクレアだ。そして目が飛び出るようなレーザーを担当するのはERプロダクション。2012年のロンドン・オリンピックの開会式と閉会式を担当、その光景は世界中で9億人以上が観賞した。

イギリスの新聞デイリー・エクスプレス紙の批評家は「ステージ・プロダクション、演出、バンド・パフォーマンス、そしてお客さんのリアクションは今まで見た中でベストだと思います。アリーナ・ロックの唯一無二のチャンピオン」と述べた。

Written by Tim Peacock



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version