オリビア・ニュートン=ジョンが73歳で逝去。その功績を辿る

Published on

Olivia Newton-John - Photo: Keystone/Hulton Archive/Getty Images Olivia Newton-John, the musical icon who sky

映画『グリース』の主演で一躍有名になったミュージカル界のアイコン、オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John)が2022年8月8日に73歳で逝去した。この訃報は、彼女の夫によって共有された。

ソーシャルメディアに投稿された声明の中で、オリビア・ニュートン=ジョンの夫ジョン・イースターリングはこう語っている。

「デイム・オリビア・ニュートン=ジョンは今朝、南カリフォルニアの牧場で、家族と友人に囲まれながら安らかに息を引き取りました。この大変困難な時期に、皆様にはご家族のプライバシーを尊重していただくようお願いいたします。オリビアは、30年以上にわたり、乳がんとの闘いを通して、勝利と希望のシンボルとなってきました。彼女の癒しのインスピレーションと植物療法の先駆的な経験は、植物療法と癌の研究を目的としたオリビア・ニュートン=ジョン財団の基金によって継続されています」

また、この訃報を受け『グリース』の共演者であるジョン・トラボルタは次のような声明を発表した

「親愛なるオリビア、君がいることで僕たちの人生はとても楽しくなったよ。君の影響は信じられないほどだ。君のことをとても愛しているよ。この道の先でいつか会おう、そしてまたみんなで集まろう。僕は初めて会ったときから、永遠に君のものなんだ。君のダニー、君のジョンより」

*ダニーは『グリース』でのジョン・トラボルタの役名

<関連記事>
オリビア・ニュートン・ジョンの「Physical」が80年代ランキングで1位
オリビア・ニュートン=ジョン『Physical』の40周年記念盤が発売

銀幕での圧倒的な存在感に加え、オリビアは批評家からも商業的にも高く評価されたレコーディング・アーティストでもあった。1975年の『Have You Never Been Mellow(そよ風の誘惑)』や1981年の『Physical』などのソロ・アルバムに加え、バリー・ギブなどのスターとも仕事をし、バリーは2021年のソロ・アルバム『Greenfields: The Gibb Brothers’ Songbook (Vol. 1).』で彼女を起用している。

オリビアのディスコグラフィーは多彩で、彼女の多作ぶりを際立たせているが、『Physical』は今でもファンの間で人気がある名作だ。このアルバムのセルフ・タイトルの曲は、米ビルボードによる80年代ヒット・ランキングの1位にも輝いている。

オリビアの「Physical」は1981年11月21日の全米チャートで1位になり、1982年1月末までその座に留まり、当時の長寿記録に匹敵する10週間のロングランを記録した。

オリビア・ニュートン=ジョンは1948年に英国ケンブリッジで生まれ、6歳のときに家族でオーストラリアのメルボルンに移住した。父親は、戦時中にブレッチリーパークでエニグマ計画に携わったMI5の将校で、母方の祖父は、第二次世界大戦前夜にナチスドイツから英国に亡命したノーベル賞受賞の物理学者、マックス・ボルンであった。

14歳のとき、オリビアはプロの歌手としてのキャリアを開始し、1966年に英国への帰省中に最初のシングルを録音し、1971年には最初のソロ・アルバム『If Not For You』を発表した。1974年、彼女はイギリス代表としてユーロビジョン・ソング・コンテストに出場し、彼女の歌「Long Live Love」は、優勝したアバの「Waterloo」に次いで4位に入賞している。

彼女は2017年にCNNにこう語っていた

「私は歌うことが大好きで、それ以外のことは何もしりません。15歳からずっとそれしかしてこなかったから、それが私の人生なんです。今でも歌ができて、人々が私に会いに来てくれることにとても感謝しています」

また、2021年にアルバム『Physical』の40周年記念盤を発売した時、オリビアは次のようにコメントを寄せていた。

「もう40周年経ったなんて、信じ難いけど、この美しいデラックス・エディションとしてリリースされることに、とてもワクワクしています。この作品を通して私は音楽的に新しい挑戦を行い、更にはポップ・カルチャーの歴史に名を刻められたことを、とても誇りに思っています。今回のアニバーサリーを通してオーストラリア人の友人、ソングライター、そしてプロデューサーのジョン・ファーラーと、スティーヴ・キプナーと再び一緒に取り組むことが出来て嬉しいです」

「当時、この曲の“生意気さ”に調子に乗って、行き過ぎちゃったかなって心配になったので、当時のマネージャーだったロジャー・デイヴィーズに、シングル“Physical”をアルバムから外した方が良いかも、と提案したんです。そうしたら、彼は笑って “既にラジオでオンエアされてて、チャートの上位へとまっしぐらだよ!” と私に言ったのを覚えています」

オリビア・ニュートン=ジョンは、これまで4度グラミー賞を受賞し、アルバムの総売上枚数は1億を越える。英国系オーストラリア人でありながら、オーストラリアの人間国宝に値するNational Living Treasure of Australiaにも認定されている。

Written By Sam Armstrong



Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version