ガンズ・アンド・ローゼズやチープ・トリックなどのスター・メンバーが参加したジョー・ペリーの新ソロ・アルバム

Published on

エアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリーが彼の新しい、オールスターが集まったソロ・アルバム『Sweetzerland Manifesto』を2018年1月にリリースすることになった。

10曲収録予定のアルバムは、ジョー・ペリーのハリウッド・ヴァンパイアーズのバンド仲間であるジョニー・デップによるプロデュースであり、ゲスト・ヴォーカルとしてチープ・トリックのロビン・ザンダーやニューヨーク・ドールズのデイヴィット・ヨハンセンやテリー・リードが参加。また、ドラマーのザック・スターキーやペリーの息子トニーやローマンもシンセやドラム・プログラミング・ミュージシャンとして参加している。

「こんなにも幅広い種類の曲が収録されるから、みんながどの曲に引き寄せられるのかを見るのが楽しみだね」とジョー・ペリーはコメントしている。

唯一の例外は、P.F.スローンの「Eve of Destruction (邦題: 明日なき世界)」のカヴァー曲であり、ジョー・ペリー自身がヴォーカルをとり、ジョニー・デップがドラムを担当している。

主に俳優として知られてきたジョニー・デップだが、彼はキャリアを通してずっとロックン・ロールと繋がり続けてきた。彼はマリリン・マンソンの物議を醸している新しいビデオ「Kill4Me」にも出演し、前述のハリウッド・ヴァンパイアーズでもジョー・ペリーと共にギターを担当している。この有能な特別グループには、ロックン・ロールのレジェンド、アリス・クーパーガンズ ・アンド・ローゼズの元リズム・セクションを担当していたダフ・マッケイガンとマット・ソーラムもメンバーとして名を連ねている。このバンドは2015年、ボブ・エズリンがプロデュースしたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。

『Sweetzerland Manifesto』はローマン・レコードより1月18日に発売予定。2009年の『Have Guitar, Will Travel』以来のジョー・ペリーのソロLPとなる。ジョー・ペリーは、ブルース・ウィトキンとギタリストと共にアルバムをプロデュースしており、ロサンゼルスのスタジオ1480で今回のアルバムのレコーディングを行った。

『Sweetzerland Manifesto』全収録曲のリスト:

‘Rumble In The Jungle’ (instrumental)
‘I’ll Do Happiness’ (featuring テリー・リード)
‘Aye, Aye, Aye’ (featuring ロビン・ザンダー)
‘I Wanna Roll’ (featuring デイヴィット・ヨハンセン)
‘Sick & Tired’ (featuring テリー・リード)
‘Haberdasher Blues’ (featuring デイヴィット・ヨハンセン)
‘Spanish Sushi’ (instrumental)
‘Eve Of Destruction’ (featuring ジョー・ペリー)
‘I’m Going Crazy’ (featuring デイヴィット・ヨハンセン)
‘Won’t Let Me Go’ (featuring テリー・リード)

Written by Tim Peacock

エアロスミス アーティスト・ページ

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version