クイーンズライチの名作『Operation: Mindcrime』と『Empire』のデラックス版が発売決定

Published on

1982年にワシントン州ベルビューで誕生し、世界中で3,000万枚以上のアルバムを販売してきたプログレッシブ・メタル界の雄であるクイーンズライチ(Queensrÿche)。

彼らが1988年5月に発売した『Operation: Mindcrime』と1990年8月に発売した『Empire』の二つのアルバムが、複数のフォーマットにて2021年6月25日(国内盤は7月14日)にリリースされることが発表となった。国内盤のスーパー・デラックス・エディション、2CDエディション、デジタル配信の他、2LPでの発売となる(予約はこちら)。

この二つのアルバムは、ザ・フーやピンク・フロイドのような野心的なコンセプト・アルバムのアプローチを新しい時代に、そして新しいハードロック・オーディエンスに伝えた作品として、歴史に名を残している。

<関連記事>
メタリカ『Metallica / ブラック・アルバム』解説:引き算の美学で生まれた名作
プログレッシヴ・ロックとは何か?

アビー・ロード・スタジオで新たにマスタリングされたこれらのアルバムのデラックスバージョンには、10′×10′サイズのボックスにすべての音源が収められており、スーパー・デラックス・エディションにはプロモーション・ビデオやライブ・パフォーマンスが収録されたDVDも含まれている。さらに『Operation: Mindcrime』には、1990年のロンドンのハマースミス・オデオンと1991年のウィスコンシンのターゲット・センターでの音源に加え、「The Making of Operation: Mindcrime」などが収録されたDVDも付属。『Empire』には、『Operation: Mindcrime』以外のライブ音声を収録したハマースミス・オデオン1990年の公演の模様が収録される。ライナーノーツには、ジャーナリストのアレックス・ミラスとジェフ・テイトとのインタビューが掲載される。

また、これらのボックス・セットの発売を記念して、クイーンズライチの公式YouTubeチャンネルでは、リマスターされた高解像度のビデオが毎週公開されている。

不吉な背景、ドラマチックに展開する登場人物、そしてクイーンズライチのハイテンションなステージ・パフォーマンス、アルバムの複雑なコンセプトを盛り込んだタイトル・トラック「Operation: Mindcrime」のリマスターされたビデオの他、以下のスケジュールで順次公開されている。

Eyes Of A Stranger」(5月14日)
I Don’t Believe In Love」(5月21日)
Empire」(5月28日)
Best I Can」(6月4日)
Anybody Listening?」(6月11日)
Silent Lucidity」(6月18日)
「Another Rainy Night (Without You)」(6月25日)
「Jet City Woman」(6月25日)

クイーンズライチの3枚目のスタジオアルバム『Operation: Mindcrime』は、バンドがまったく新しいレベルに到達した作品だ。アルバムのコンセプトは、堕落した社会に幻滅した薬物中毒患者のニッキーを中心に展開されていく。ドクターX(声優は故アンソニー・ヴァレンタイン)が率いるカルト的な革命グループに引き込まれたニッキーは、政治家を暗殺するように仕向けられるが、修道女シスター・メアリーとの友情によって真実に目を向けるようになる…。

『Operation: Mindcrime』は史上最高のコンセプト・メタル・アルバムの1つとして評価され、1991年にはアメリカでプラチナ認定を受け、Kerrang!とBillboardの両誌で「史上最高のメタルアルバム100枚」にランクイン。ローリングストーン誌も同様のリストに掲載し、「最初のリリースから30年近く経った今でも、『Operation: Mindcrime』は不気味なほど時代に適切な作品である」と評している。

『Operation: Mindcrime』の成功を受けて制作され、全米アルバムチャート7位を記録したアルバム『Empire』は、前作同様、ピーター・コリンズ(ボン・ジョヴィ、ラッシュ、アリス・クーパー)がプロデュースを担当。このアルバムは、美しくバラードから力強い曲、そしてクラシックでヘビーな激しい曲まで、華麗で知的な歌詞と曲作り、そして素晴らしい音楽性を特徴としており、当時としては珍しいことに、『Empire』からは以下の通り6枚のシングルが生まれている。*()内は米ビルボードのロック・トラック・チャートでの順位。

「Silent Lucidity」(1位)
「Jet City Woman」(6位)
「Another Rainy Night (Without You)」(7位)
「Anybody Listening?」(16位)
「Empire」(22位)
「Best I Can」(28位)

パワーバラードの「Silent Lucidity」は、バンドにとって初のクロスオーバーヒットとなり、ビルボードのロックシングルチャートで首位、全米シングルチャートでも9位を記録されるだけではなく、グラミー賞の「Best Rock Vocal Performance by a Duo or Group」にノミネートされ、MTVの「Viewer’s Choice」賞を受賞した。RIAA認定のトリプル・プラチナ(300万枚売り上げ)を獲得した『Empire』は、バンド史上最も商業的な成功を収めたアルバムだ。

Written By Tim Peacock



クイーンズライチ『Operation: Mindcrime』
2021年6月25日発売
国内盤7月14日発売
スーパー・デラックス・エディション[4SHM-CD+DVD]
2CDエディション

★CD1:オリジナル・アルバム:新リマスター
★CD2:B面曲、レア曲を収録
★CD3:ライヴ・アット・ハマースミス・オデオン[1990/11/15]
★CD4:ライヴ・イン・ウィスコンシン[1990/5/10-12]
★DVD:オペレーション:ライヴクライム(1990/5/10-12:ライヴ・イン・ウィスコンシン)/プロモ・ヴィデオ/ザ・メイキング・オブ・オペレーション:マインドクライム、オペレーション:マインドクライム TVスポット
★豪華ブックレットにはジェフ・テイトの最新インタヴューを含む、アレックス・ミラスによるエッセイ等を収録。
<日本盤のみ> ★解説:伊藤政則/英文ライナーの翻訳/歌詞対訳付   ★SHM-CD仕様 ★DVD:日本語字幕付

 

クイーンズライチ『Empire』
2021年6月25日発売
国内盤7月14日発売
スーパー・デラックス・エディション[3SHM-CD+DVD]
2CDエディション

★CD1: オリジナル・アルバム:新リマスター
★CD2: B面曲、レア曲を収録
★CD3:ライヴ・アット・ハマースミス・オデオン[1990/11/15]
★DVD:未公開映像を含むインタヴュー、ライヴ、プロモ・ヴィデオ等
★豪華ブックレットにはジェフ・テイトの最新インタヴューを含む、アレックス・ミラスによるエッセイ等を収録。

<日本盤のみ> ★解説:伊藤政則/英文ライナーの翻訳/歌詞対訳付  ★SHM-CD仕様  ★DVD:日本語字幕付


 

 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version