(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

シェールが9月発売、ABBAのカバー・アルバムから「SOS」を公開

Published on

シェールが9月28日に発売が迫るABBAのカヴァー・アルバム『Dancing Queen』より新たな音源を公開した。今回この伝説的な歌手が公開したのはABBAが1975年に発表したヒット曲「SOS」だ。

Cher – SOS [Official HD Audio]

 

以前に公開していた「Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight)」同様に、シェールはこの多くの人々から愛されているABBAの楽曲にクラブ・テイストを加えてアレンジしている。コーラスと共に奏でられるピアノの上に乗ったさりげないビートが曲の中で際立っている。彼女のパワフルな歌声が曲全体を通して施されているエコーと、「Gimme! Gimme! Gimme!’」カヴァーでも使用していた「Believe」時代のヴォーコーダーとで強調されている。

「SOS」は、このアイコニックな歌手のカヴァー・アルバムにはぴったりな『Dancing Queen』と名付けられたこのカバーアルバムの最後から2曲目に収録されている。数週間前に彼女が明かしたトラックリストには「Chiquitita」「Dancing Queen」「One of Us」をはじめ、ABBAの名曲カバーが10曲並べられている。

『Dancing Queen』はシェールの26作目のアルバムで、彼女が2013年に発表した『Closer To The Truth』以来の作品となる。彼女は映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』にメリル・ストリープ演じる登場人物の母親役として出演し、「Fernando」と「Super Trouper」を歌ったことがきっかけとなり、ABBAのカバー・アルバムをレコーディングしようと思い立ったのだそうだ。そして、この映画のインタビュー取材の中で、このアルバムが9月28日にリリースされることを明かした。今作リリースに先立って、シェールは”Here We Go Again Tourを”ニュージーランドとオーストラリアからスタートさせる予定になっている。

「ずっとABBAが好きでした。今までにオリジナルの”マンマ・ミーア”のミュージカルをブロードウェイで3度も観ました」と、今作のニュースが発表された時に、公式声明の中でシェールは述べていた。「『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』の撮影が終わった後に、彼らが書いた曲はなんて素晴らしく、色褪せないものなのかをあらためて思い出し、”それなら彼らの曲でアルバムを作ってみたらいいのでは?”と考え始めたのです。想像していたよりずっと彼らの曲を歌うのは難しかったですが、この作品の出来にとても満足しています。皆さんに早く聴いていただきたいです。今がパーフェクトな時ですから」。

Written by Tim Peacock


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック』 



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss