(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

ザ・ヴァーヴ 『アーバン・ヒムス』20周年記念エディション発売

Published on

音楽の世界からは、時々とんでもないレコードが生み出される――タイミング、内容、精神性、そうしたものすべてが完璧に噛み合った作品が。

1997年9月29日に発表されたザ・ヴァーヴのアルバム『アーバン・ヒムス』も、まちがいなくそんなレコードのひとつだ。ここには奥深い音楽性や情感のこもった曲、世界中の人の琴線に触れる曲が並んでおり、あの時代の気分や雰囲気が見事に封じ込められている。このレコードで、バンドの立場は大きく変わった。それまでのザ・ヴァーヴは、高く評価されていた人気インディ・バンドといった存在で、これより前にリリースした2枚のアルバムは評論家からは好評だったものの、売れ行きはささやかなものに留まっていた。しかし1997年後半に出た『アーバン・ヒムス』で、ザ・ヴァーヴはまさに[オルタナティヴ・]ロックを代表する大物バンドにのし上がった(その後1999年に解散している)。この名盤は記録的な売り上げを達成しており、イギリスでの通算売上枚数ランキングではトップ20に到達(現在は11×プラチナ・ディスクを達成)。全世界での総売上枚数は1,000万枚を超えている。

ザ・ヴァーヴは、長い回り道をたどってようやく広く認知されるようになった。その音楽は強烈で実験的。何かしらの理由で誤解されることも多かった。しかし活動を始めたその日から、このバンドは自分たちのことを信じていた。そして、このメンバーの組み合わせから起こる化学反応は何か特別なものだという感覚を常に抱いていた。その反応が最初に立ち現れたのは、ランカシャー州ウィガンでのこと。この街でザ・ヴァーヴのメンバーは青年期を過ごしていた。このラインナップなら、いつか大舞台にまで上れるだろう ―― 彼らはそう気づいていた。

1995年の一時解散を経て、リード・シンガーのリチャード・アシュクロフトは質の高い曲をたくさん作り出した。彼のバックについていたのは抜群に優れたリズム・セクション ―― ピート・サルスベリー(ドラムズ)とサイモン・ジョーンズ(ベース) ―― 、さらにはこの世代のイギリス人ミュージシャンの中ではおそらく最も興味深いギタリストだったニック・マッケイブ(レコーディングが本格化してからバンドに復帰)、そして才能あるマルチ・インストゥルメンタリストのサイモン・トング(ギター、キーボード)というラインナップだった。またアシュクロフトが作った楽曲に加えて、驚異的なジャム演奏の中からさらにヘヴィで自由奔放な曲も生まれた。こうした作品を足がかりにして、ザ・ヴァーヴはブリティッシュ・ロックを代表する一流バンドにまで成長していった。

『アーバン・ヒムス』からは、大ヒット・シングルが4枚生まれている(それらの中には全世界でヒットを収めた画期的な作品「ビター・スウィート・シンフォニー」や全英チャート1位を獲得した「ドラッグス・ドント・ワーク」が含まれる)。力強い楽曲、優れた演奏、巧みな音作りのおかげで、このアルバムは発表から20年経った今も圧倒的な魅力を放っている。その発売20周年を記念して、多数のボーナストラックを追加収録したリマスター盤で『アーバン・ヒムスが再発される。ボーナストラックには、シングルのB面曲がすべて収められている(このバンドのB面曲は格別の楽曲ばかりだった)。さらには、約3時間にのぼる強烈な未発表ライヴ音源も収録。その中には、1998年5月に地元ウィガン・ヘイ・ホールで約3万5,000人のファンを前に行われた凱旋ライヴも完全収録。これらはCDおよびDVDの両フォーマットに収録されている。

リマスタリングおよびミキシングは、昨年再発された『ア・ストーム・イン・ヘヴン』と『ア・ノーザン・ソウル』のスーパー・デラックス・エディションと同じように、クリス・ポッター(『アーバン・ヒムス』の共同プロデューサー)とメトロポリスのトニー・カズンズが担当している。

またDVDには、ドキュメンタリー『ザ・ビデオ 96-98』も収録されている。これは従来VHSビデオでしか発売されていなかった(ただしマレーシアではVCD版も発売)。

今回のデラックス・パッケージにはメンバーの最新インタビューも収録されており、ブックレットにはクリス・フロイド撮影の膨大な未発表写真も掲載されている。フロイドは1994年の全米ツアーに同行したことをきっかけに、過去に例のない舞台裏の撮影許可を得た。彼の撮影は、『アーバン・ヒムス』の制作時、さらにはハイ・ホールでのコンサートのころまで続いている。そうして撮影された写真には、スタジオ、ステージ、楽屋、休み時間、ビデオ撮影、ツアー・バスといった場でのメンバーの姿が鮮やかに記録されている。


UICY-15605

ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムス』20周年記念デラックス・エディション

2017年9月1日発売

btn_store download_jtunes

■iTunes
1CD / 2CD / SUPER DELUXE(Audioのみ)

■輸入盤
1CD
2CD DELUXE
5CD+DVD SUPER DELUXE BOX SET
6LP
Universal Music Store限定 – 12インチシングル


<関連記事>

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss